受付中<アムネスティ日本> “思い込み”から抜け出そう! LGBTと多様な社会を考える

投稿作成日時:2017年2月08日 11:57

地域:東京都

カテゴリ:女性,アドボカシー・人権

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,外国語と触れ合える,友人と一緒に参加可

開催期間2017年3月11日~2017年3月11日
時間帯14:00~15:30
募集期間2017年2月08日~2017年3月11日
お申込み方法TEL, インターネット, FAX, 当日お申込, 不要
料金無料
定員70
対象者
料金補足説明
場所在日本韓国YMCA 304-305会議室
地図リンク
住所東京都〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2丁目5-5
最寄り駅JR水道橋駅
場所補足説明
詳細リンク

募集詳細

<アムネスティ日本 主催>

“思い込み”から抜け出そう! LGBTと多様な社会を考える

日本では、性の多様性を学ぶ機会はあまり多くありません。「会社の研修でやったから」「友達にいるから」「ニュースでみたから」知っているつもりでも、気付かないうちにLGBTの人たちを傷つけるような言葉を発している場合もあります。

ワークショップでは講師をお招きして、ジェンダー、セクシュアリティに関する基礎的な知識、偏見や思い込み、そしてこれらがLGBTの人たちの生き方にどんな影響を与えているかなどをお伝えし、いわゆる“多数派”の“常識”や“思い込み”を見つめ直す機会にしたいと考えています。

※LGBTはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの総称。この語を用いることで、人びとを一つのアイデンティティに固定したり、差別したり、多様性を無視しようという意図はありません。

講師

渡辺大輔さん
埼玉大学基盤教育研究センター准教授。博士(教育学)。ジェンダー/セクシュアリティ教育、セクシュアルマイノリティ支援を研究。主な著書に「学校教育をクィアする教育実践への投企」『現代思想』(青土社、vol.43-16、2015年10月号)、『セクシュアルマイノリティをめぐる学校教育と支援(増補版)』編著(開成出版、2012年)。

岩川ありささん 
現代日本文学、クィア批評、トラウマ研究を専門。近年の論文に、「クィア作家としての谷崎潤一郎」『谷崎潤一郎読本』(五味渕典嗣・日高佳紀編、翰林書房、2016)、「pixivという未来-「クィア・アダプテーション」としての二次創作」『日本サブカルチャーを読む』(押野武志・編著、北海道大学出版会、2015)。

【お申し込み・お問い合わせ:アムネスティ日本 東京事務所】※なるべく事前にお申し込みください。

●TEL:03-3518-6777 ●FAX:03-3518-6778 
アムネスティの公式サイトからもご予約できます。

プロフィール

名称
住所東京都 千代田区神田小川町 2-12-14  晴花ビル7階
Tel03-3518-6777
E-mailinfo@amnesty.or.jp
担当者名庄司

紹介メディア

紹介メディア

pagetop