3/4第21回ツキイチカフェ「災害時の広域避難を考える~東日本大震災避難者支援の現場から~」

原発事故, 避難, 孤立, 復興, 子育て

  • HOME
  • イベント
  • 3/4第21回ツキイチカフェ「災害時の広域避難を考える~東日本大震災避難者支援の現場から~」

3/4第21回ツキイチカフェ「災害時の広域避難を考える~東日本大震災避難者支援の現場から~」

最終更新日時:2017年2月13日 16:50 投稿作成日時:2017年2月13日 16:50

カテゴリー:子供,災害支援,女性

  • 受付状況:受付中
  • 地域:京都府
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!
開催期間2017年3月04日~2017年3月04日
時間帯14:30~16:30
募集期間2017年2月13日~2017年3月03日
お申込方法メール, TEL, FAX
定員20名
対象者東日本震災、福島原発事故に関心のある人
料金社会人500円、学生300円
料金補足説明フェアトレードコーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む
場所東山いきいき市民活動センター 和室
地図リンク外部リンク
住所京都府京都市東山区巽町442-9東山いきいき市民活動センター 
最寄り駅京阪電鉄「三条」駅、地下鉄東西線「三条京阪」駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

テーマ:「災害時の広域避難を考える~東日本大震災避難者支援の現場から~」

東日本大震災の影響で京都に避難している方々は、現在600人。最初は1200人ともいわれていました。この6年間、この数の変遷には、どんな背景があり、どんな決断があったのでしょうか。そして、私たちはそこから何を学ぶべきなのでしょうか?地震や津波だけじゃない。原発だけでもない。避難者の苦しみは、人の気持ちの問題や、行政や法律の壁だったりもします。避難者支援の現場から、今後想定される災害時広域避難の問題について考えてみたいと思います。〔大塚 茜〕

ゲスト:大塚 茜(NPO法人和~なごみ~ 理事長)
1978年生まれ、佐賀県出身。東日本大震災のボランティア活動に携わり、2013年、特定非営利活動法人和を設立。京都に避難している方々の生活相談を行っている。保育士・精神保健福祉士。

プロフィール

名称 NPO法人フェア・プラス
住所京都府
TEL075-525-0064
FAX075-525-0064
E-mailminorukasai@nifty.com
担当者名河西 実

紹介メディア

pagetop