4月16日開催ドキュメンタリー映画「あい-精神障害と向きあって-」京都上映会

障害者, 精神障害者, 雇用, 孤独, 藍染

  • HOME
  • イベント
  • 4月16日開催ドキュメンタリー映画「あい-精神障害と向きあって-」京都上映会

4月16日開催ドキュメンタリー映画「あい-精神障害と向きあって-」京都上映会

最終更新日時:2017年2月14日 13:41 投稿作成日時:2017年2月14日 13:41

カテゴリー:障害者,教育,雇用,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:京都府
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2017年4月16日~2017年4月16日
時間帯10:30~16:00
募集期間2017年2月14日~2017年2月21日
お申込方法不要
定員午前・午後の部とも 各200名
対象者すべての市民
料金一般 1000円、小中高校生 500円、障害者手帳をお持ちの方 500円
場所「ひと・まち交流館 京都」2階 大会議室
地図リンク外部リンク
住所京都府京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 「ひと・まち交流館 京都」2階
最寄り駅京阪電車「清水五条」、地下鉄烏丸線「五条」下車
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

『この時代、精神を病まない人のほうが変な奴だと思いますけど』
(自分が統合失調症だということを全面に出して作家として生きていきたい。同じ病気で苦しんでいる人に勇気を与えたり、統合失調症に偏見を持っている人に新しい発見をしてもらいたい。と願う20代の女性より)

NPO法人フェア・プラスは、ドキュメンタリー映画『あい~精神障害と向き合って~』京都地区上映会を開催致します。
精神障害に対する社会の偏見・差別は、今日も根強いものがありますが、その一因は障害に対する無知、無理解からくるものと思われます。
本ドキュメンタリー映画は、日々の生活に生き難さを感じている精神障害者のありのままの日常を通して、彼らの苦しみや長いトンネルを抜けた先にある「希望」を見出していく姿を知ってもらうことで、彼らが安心して暮らせる社会の実現と、精神障害に対する人々の理解を深めることを願って製作されました。(文化庁助成、文部科学省選定、厚生労働省推薦)

ナレーター:緒方 直人
監督   :宮崎 信恵
(上映終了後、宮崎監督のトークあり。)

開催日 :平成29年 4月 16日(日)
時 間 :午前の部  10:30 ~ 12:30 (10:00 開場)
午後の部 14:00 ~ 16:00 (13:30 開場)
    いずれも映画終了後、宮崎信恵監督のトークあり。
会 場 :「ひと・まち交流館 京都」2階 大会議室
      京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1

企 画・運 営:フェア・プラス ドキュメンタリー映画「あい」京都地区上映実行委員会
【主催(問合せ)】 NPO法人フェア・プラス TEL 075-525-0064
後 援:京都市、京都市教育委員会、京都新聞社会福祉事業団
協 賛:積水ハウス㈱ 京滋シャーメゾン支店

プロフィール

名称NPO法人フェア・プラス
住所京都府
TEL075-525-0064
FAX075-525-0064
E-mailminorukasai@nifty.com
担当者名河西 実

紹介メディア

pagetop