「弁護士が語る!生活困窮者支援の現場と生活保護問題の現在」開催!

生活保護, 貧困問題, 弁護士, 労働問題, 生活相談

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 「弁護士が語る!生活困窮者支援の現場と生活保護問題の現在」開催!

「弁護士が語る!生活困窮者支援の現場と生活保護問題の現在」開催!

最終更新日時:2013年1月11日 02:04 投稿作成日時:2013年1月11日 02:04

カテゴリー:その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック学生さん歓迎!,参加無料
開催期間2013年1月20日~2013年1月20日
時間帯18:15~20:20
募集期間2013年1月11日~2013年1月20日
お申込方法不要
料金無料
場所北沢タウンホール11階 研修室3
地図リンク外部リンク
住所東京都世田谷区北沢2-8-18
最寄り駅下北沢駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

 生活保護受給者が200万人を超え過去最多を記録したことが問題とされ、保護費給付水準の引き下げをはじめとする生活保護制度の改革が議論されています。一方、華々しい政治議論の陰では、餓死・孤独死が頻発しています。記憶にも新しい昨年の札幌市姉妹孤立死事件や埼玉県一家餓死事件は貧困ゆえに死に追いやられる人が後を絶たない日本の現状を象徴的に示しています。貧困問題のますます深刻化していますが、有効な対応策は提起されず、議論は混迷を極めています。
 生活保護は最後のセーフティネットとして貧困対策のなかでもとりわけ重要な役割を果たしているものの、相談事例からも明らかなように同時に様々な問題も浮かび上がってきているといえます。既存の福祉制度が課題を抱え、有効な貧困対策の道筋が見えない中、ボランティアやNPOによる生活困窮者支援の重要性はますます高まっています。
 こうした観点から、今回は『権利としての生活保護法』著者・森川清弁護士をお招きし、支援者セミナーを開催します。弁護士として貧困問題の解決に当たってきたご経験から、支援活動の現場から見えてくる貧困問題の現状や課題をお話しいただき、求められる生活困窮者支援のあり方について考えます。

プロフィール

名称NPO法人POSSE
住所東京都
TEL03-6699-9375
FAX03-6699-9374
E-mailsculpcamera@gmail.com
担当者名亀田卓

紹介メディア

pagetop