受付中緊急講演・報告会 【パレスチナ占領50年・ガザからの報告】  *ラジ・スラーニ氏来日中止の更新有

最終更新日時:2017年4月11日 19:05/投稿作成日時:2017年5月09日 16:46

地域:東京都

カテゴリ:国際協力,アドボカシー・人権,平和

ワンポイントチェック

参加無料

開催期間2017年5月14日~2017年5月14日
時間帯13:30~17:40
募集期間2017年4月11日~2017年5月14日
お申込み方法不要
定員200人
対象者
料金補足説明
場所早稲田大学・小野梓記念講堂
地図リンク
住所東京都
最寄り駅東京メトロ東西線「早稲田」駅
場所補足説明
詳細リンク

担当者からのコメント

【更新情報】 ラジ・スラーニ氏来日中止
ラジ氏は今月7日に来日を予定していましたが、ガザ地区から出域するための検問所の閉鎖が継続してしまったため、来日を中止せざる得なくなりました。
当日は内容を変更して開催いたしますので、開催内容をご確認ください。(更新以上)


 今年2017年6月は、パレスチナのヨルダン川西岸、ガザ地区、東エルサレムがイスラエルに占領されて50年目になります。
 しかしこの数年、“パレスチナ”は、シリアやイラク情勢の陰に隠れて、メディアでもほとんど報道されなくなりました。この「占領50年」という節目に、改めて皆さんにパレスチナの現状に目を向けていただくために、私たちは“パレスチナ”と関わるジャーナリストや諸団体のご協力を得て、講演・報告会を企画しました。
 中東ジャーナリスト(元朝日新聞中東総局長)、川上泰徳氏がパレスチナ占領50年の歴史を解説し、さらにガザで支援活動を続ける日本のNGO、NPOが現地での活動を報告します。

〈ラジ・スラーニ氏・略歴〉
パレスチナを代表する人権活動家。イスラエル占領下、占領への抵抗運動に参加し、5年近く逮捕・拘留された。長年の人権擁護活動が国際的に高く評価され、数々の国際的な賞を受賞。2013年12月には、“第二のノーベル平和賞”ともいわれるライト・ライブリフッド賞を受賞。

【内容】
〈第一部〉(13:30)
1)ドキュメンタリー映画「絶望の街―ガザ攻撃から15か月後」(第2部)上映(30分)
    (監督・土井敏邦/2016年制作)

2)川上泰徳氏の解説(パレスチナ占領50年の過程と意味)(20分)

3)NGO、NPOによるガザ活動報告
・日本国際ボランティアセンター(10分)
・パレスチナ子どもキャンペーン(10分)
・北海道パレスチナ医療奉仕団(10分)

〈第二部〉(15:00)
ラジ・スラーニ氏 スカイプ講演及び土井俊邦との対談

〈第三部〉(16:40) *予定しておりました第三部は中止致しました。

プロフィール

名称
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
Tel03-3834-2388
E-mailinfo@ngo-jvc.net
担当者名大村

紹介メディア

紹介メディア

pagetop