AV出演強要被害の根絶に向けて ~被害救済の現場から~

イベント

  • HOME
  • イベント
  • AV出演強要被害の根絶に向けて ~被害救済の現場から~

AV出演強要被害の根絶に向けて ~被害救済の現場から~

最終更新日時:2017年4月13日 17:30 投稿作成日時:2017年4月13日 17:30

カテゴリー:女性,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:大阪府
開催期間2017年5月11日~2017年5月11日
時間帯18:30~20:30
募集期間2017年4月13日~2017年5月10日
お申込方法メール, 当日お申込
料金500円
場所大阪弁護士会館 510号室
住所大阪府大阪市北区西天満1-12-5
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

ヒューマンライツ・ナウは、被害相談に取り組んでいる
民間団体「ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)」、
「人身取引被害者サポートセンター・ライトハウス」の協力を
得て、2016年3月に調査報告書「ポルノ・アダルトビデオ産業
が生み出す、女性・少女に対する人権侵害」を発表しました。
その後、業界関係団体等による取組の動きや警察庁による通達、
内閣府男女共同参画局の実態調査、そして本年3月には内閣府男女
共同参画会議女性に対する暴力専門調査会による報告書「若年
層を対象とした性的な暴力の現状と課題」が公表されました。

私達の問題提起から1年を経て、重要な社会問題としての
認識が広がってきています。しかし、深刻な被害は後を
絶たず、支援団体への被害相談は増え続けており、
法的支援が求められることも多くなってきています。

そこで、今回は東京より、HRNの調査報告書の作成にご協力いただいた
「PAPS」「ライトハウス」の相談支援チーフの方を講師としてお招きし、
相談事例をもとにAV出演強要の被害実態をお話しいただきます。

また、HRNの取組とともに法的支援の実際についても紹介し、皆さんとともに被害根絶に向けた今後の課題を共有したいと考えます。

日 時:2017年5月11日(木) 18時半~20時半 (開場18時15分)
会 場:大阪弁護士会館 510号室
(530-0047 大阪市北区西天満1-12-5)

参加費:500円(資料代含む) ※68期・69期・70期は無料

<内容>
1 HRNのプロジェクト活動の紹介
2 AV出演強要の被害相談の現場から
金尻カズナさん(PAPS・ライトハウス相談支援チーフ)
3 HRNの取組および法的支援について
雪田樹理さん(弁護士・HRN関西グループ事務局長)

【お申し込み】
お申込み方法につきましては、HPをご覧下さい。

プロフィール

名称 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
TEL03-3835-2110
FAX03-3834-1025
E-mailinfo@hrn.or.jp
担当者名伊藤和子

紹介メディア

pagetop