★エコツアーカフェTOKYO55★こんな高校あったんだ!“自然との共生”を学ぶ、尾瀬高校自然環境科

環境保全, 教育, 尾瀬, 学校, 地域づくり

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • ★エコツアーカフェTOKYO55★こんな高校あったんだ!“自然との共生”を学ぶ、尾瀬高校自然環境科

★エコツアーカフェTOKYO55★こんな高校あったんだ!“自然との共生”を学ぶ、尾瀬高校自然環境科

最終更新日時:2013年3月19日 16:02 投稿作成日時:2013年3月19日 16:02

カテゴリー:環境,子供,教育,動物保護

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2013年3月28日~2013年3月28日
時間帯19:00~20:30
募集期間2013年3月19日~2013年3月28日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX
料金500円(飲み物付)
場所日本エコツーリズムセンター
地図リンク外部リンク
住所東京都荒川区西日暮里5-38-5
最寄り駅JR山手線・京浜東北線・東京メトロ千代田線・日暮里舎人ライナー「西日暮里駅」
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

自然豊かな環境で学びたい!実際のフィールドで子どもに環境教育させたい!と、 チャンスをうかがっている人も多いのではないでしょうか。
実は、そんな願いが実現できる公立高校が群馬県・尾瀬国立公園のそばにあります。目標は“自然との共生”が出来る学生を育むこと。全国初・全国唯一の学科である「尾瀬高校自然環境学科」です。
ふだんから生徒たちは実習で、尾瀬ヶ原や吹割りの滝などでの自然観察や自然環境調査に出かけて行きます。環境教育だけでなく交流活動や多くの発表の機会を通して、コミュニケーション能力を養うことで、“自然を知り、自分で調べ、伝え行動していく”解決に向けた行動力、実践能力、そして生きる力を養います。

尾瀬高校に通うため、ホームステイ制度を利用して全国から生徒が集まります。ホストファミリーで片品村の文化に触れ、地域行事に参加することで地域づくりの一員としても活躍します。

自然への知識や活動を深めたい、と自然環境科の生徒の多くが「理科部」に所属します。こちらは、「尾瀬のニホンジカ調査」や「武尊山自然環境調査」などの調査研究で、7年連続で日本学生科学賞県審査最優秀賞を受賞するなどの成果を上げています。
調査活動のほかにも「高校生自然環境サミット」への参加や地元小学校への学習支援や地元イベントのお手伝いなど、活動は多岐にわたります。

また、母校に対する卒業生の「想い」が強いのも尾瀬高校の大きな特徴。卒業生の組織(G-nec)が日常的に卒業生が母校に訪れ、部活や授業、G-necクラブのサポートを行っていいるため縦のつながりが強く、何年も前に卒業したOBから気軽にアドバイスが聞ける環境があります。

そして今回のゲスト、荒井先生も卒業生の一人。高校時代に学んだことを後輩に伝えたい、サポートしていきたいと、5年前から実習助手として活躍しています。

尾瀬高校に興味を持った方、環境教育に興味がある方、学校と地域づくりなどに関心のある方、是非ご参加下さい。

プロフィール

名称NPO法人日本エコツーリズムセンター
住所東京都
TEL03-5834-7966
FAX03-5834-7972
E-maildesk@ecotourism-center.jp
担当者名井上

紹介メディア

pagetop