2/11(土)「貧困者」支援のあり方~20代社会福祉士が向き合った2000件の実例から

貧困, 福祉, 生活困窮, 生活支援, ホームレス

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 2/11(土)「貧困者」支援のあり方~20代社会福祉士が向き合った2000件の実例から

2/11(土)「貧困者」支援のあり方~20代社会福祉士が向き合った2000件の実例から

最終更新日時:2012年2月03日 02:55 投稿作成日時:2012年2月03日 02:58

カテゴリー:救護,ホームレス・住環境,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2012年2月11日~2012年2月11日
時間帯18:30~20:40
募集期間2012年2月03日~2012年2月11日
お申込方法不要
料金無料
場所北沢タウンホール11階 研修室4
地図リンク外部リンク
住所東京都世田谷区北沢2-8-18
最寄り駅小田急線/井の頭線下北沢駅
場所補足説明下北沢駅南口より徒歩5分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

路上生活者の若年化や経済・生活上の困難を理由とした自殺の増加など貧困問題が深刻化しています。NPO法人POSSEが取り組んでいる生活相談活動においても、相談件数が増えつつあります。また、その内容は、生活保護の受給申請を拒否された、低収入のため奨学金の返済が滞り、延滞金が発生したためますます返済が難しくなっているなど非常に深刻なものです。
切実な生活困窮が広がっている一方、公的な支援策は手薄であり、本来利用できる制度が利用できていないために、困窮がいっそう深まってしまう事態も発生しています。こうした状況で、NPOやボランティアが果たす役割が小さくありません。
このような観点から、今回、NPOによる生活困窮者支援を最前線で担ってきたNPO法人ほっとプラス代表・藤田孝典さんを講師としてお招きします。7年にわたり、「貧困者」支援活動に携わってきた藤田さんに、実践的な視点から貧困問題の現状や支援のあり方についてお話しいただきます。

●講師略歴
【藤田孝典(ふじた・たかのり)】
1982 年生まれ。社会福祉士。2002 年から路上生活者支援ボランティアに学生として参加。2004 年からはさいたま市内の野宿者を定期的に訪問する活動を独自に展開。2006 年にNPO 法人ほっとポット、2011 年NPO 法人ほっとプラスを設立し、ホームレス状態にある方や生活困窮状態にある方への相談支援活動や地域生活サポートホームの運営をはじめとする居所提供事業を展開。共著に『反貧困のソーシャルワーク実践』( 明石書店、2010 年)。

●開催概要
【日時】2月11日(土)18時30分~
【場所】北沢タウンホール11階 研修室4 (世田谷区北沢2-8-18)
【タイムテーブル】
18:15開場
18:30開会のあいさつ、ほっとプラス・POSSEの紹介
18:40藤田さんご講演
19:30休憩
19:40会場のみなさまとディスカッション
20:30開会のあいさつ・ボランティア募集のご案内
20:40閉会
【参加費】無料

●貧困・生活困窮問題に取り組むボランティアの力が必要です
POSSEでは、生活相談ボランティアを募集しています。会の終わりにボランティア募集のご案内も行いますので、ご関心のある方はお気軽にスタッフにお声をおかけください。

プロフィール

名称POSSE
住所東京都 世田谷区 北沢4-17-15  ローゼンハイム下北沢201号室
TEL03-6699-9359
FAX03-6699-9374
E-mailposse_affairs@hotmail.co.jp
担当者名青木耕太郎

紹介メディア

pagetop