ドキュメンタリー映画「うたごころ」《2011年版》上映と榛葉健監督講演会

南三陸, 映画, ゴスペル

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • ドキュメンタリー映画「うたごころ」《2011年版》上映と榛葉健監督講演会

ドキュメンタリー映画「うたごころ」《2011年版》上映と榛葉健監督講演会

最終更新日時:2013年6月25日 01:46 投稿作成日時:2013年6月25日 02:08

カテゴリー:文化・アート,災害支援

  • 受付状況:受付中
  • 地域:神奈川県
開催期間2013年8月04日~2013年8月04日
時間帯10:00~12:00
募集期間2013年6月25日~2013年8月04日
お申込方法インターネット
定員125
料金1500
料金補足説明子供料金の設定はありません
場所あーすぷらざ映像ホール
地図リンク外部リンク
住所神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1−2−1
最寄り駅本郷台
場所補足説明駅下車すぐ
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

東日本大震災の被災地である宮城県南三陸町を舞台に、女子高校生たちのひたむきに生きる姿を温かい眼差しで記録したドキュメンタリー映画『うたごころ』の上映会を8月4日(日)に横浜市で開催します。当日は同映画の監督で、ドキュメンタリー作品で数々の国際賞を受賞している榛葉健氏による講演会も併催します。
被災地で出会った一人の女子高校生の汚れない言動に心打たれた榛葉監督は、勤務する放送局の業務とは別に、個人の立場で被災地に通い、彼女の一年間を撮影し、ドキュメンタリー映画『うたごころ』2011年度版として完成し、上映が始まっています。榛葉監督はインターネット上のソーシャルメディア「フェイスブック(facebook)」を利用して多くの人に「現地の空気や人々の思い」を淡々に伝え、そのおかげで被災地への思いを保つことができた賛同者は約2500人になります。榛葉監督が紡ぎだす映画ならではの時間の流れ、映像空間、そして登場人物の少女たちの肉声を通して、震災の事実が風化しがちな今、一人一人が、震災を“身近なこと”として追体験し、人生で“本当に大切なもの”を見つめ直すきっかけにして頂けることでしょう。

プロフィール

名称金子 聡文
住所神奈川県 横浜市 中区西竹之丸61-6 A-1
TEL090-1044-4342
FAX
E-mailhiori78@icloud.com
担当者名金子

紹介メディア

pagetop