ミャンマー(ビルマ)視察報告会

ビルマ, 国際協力, 人権

熊本地震災害対応の募集ができます

ミャンマー(ビルマ)視察報告会

最終更新日時:2013年9月24日 18:57 投稿作成日時:2013年9月24日 18:57

カテゴリー:国際協力,アドボカシー・人権,平和

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2013年10月01日~2013年10月01日
募集期間2013年9月24日~2013年10月01日
お申込方法メール, FAX
料金1000円
場所青山学院大学(青山キャンパス) 総研ビル(正門の右となり)11階 第19会議室
住所東京都
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

◆日 時:2013年10月1日(火)午後6時半から9時

◆場 所:青山学院大学(青山キャンパス) 総研ビル(正門の右となり)11階 第19会議室

◆資料代:1000円

◆参加申込:予約は不要ですが、人数把握のため、事前にご連絡いただけますと幸いです。
 ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、10/1ビルマ報告会参加希望、氏名、連絡先を明記の上、
 メール または、ファックス(03-3834-1025)にて、お申込みください。(詳細は ホームページをご参照ください。)

 今年8月初旬,ヒューマンライツ・ナウのビルマチームでは,ビルマを訪れ、ヤンゴン・マンダレーを中心に現状を調査してきました。訪問先は,アウンサンスーチーさん率いるNLD(国民民主連盟),The Irrawaddy Magazineを発行する出版社ほかメディア,ミャンマー国内の弁護士会,国家人権委員会,UNDPやUNHCRなどの国連機関等盛りだくさんでした。その他,ビルマ国内で人権活動を行っている方々ともお会いし,様々な立場の方と,民主化された後のミャンマーの変化や現状,人権に対する意識,教育等について話し合いを行いました。また,PLA(Peace Law Academy)の卒業生たちとも再会し,卒業生の今後の活動について話し合ってきました。さらに,8888民主化運動25周年を記念する集会にも参加するなど,とても充実した視察調査となりました。


 今回の報告会では,視察調査の内容をご紹介し,まだあまり知られていないビルマの
現状をお伝えします。8888民主化運動25周年という貴重な集会の状況も映像で上映いたします。さらに,今後のPLAの運営,PLA卒業生たちの活動についても,皆さまと情報を共有してまいります。


 視察前までは様々な不安がありましたが、ビルマの人々はとても優しく親切で,また,その笑顔には未来への希望が感じられました。今回の報告会では,そんな人々の魅力も一緒にお伝えしたいと考えています。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
TEL03-3835-2110
FAX03-3834-1025
E-mailinfo@hrn.or.jp
担当者名伊藤和子

紹介メディア

pagetop