【10/12】いま世界が注目する新しい支援のかたち~アフリカにおける栄養改善への取り組み~

アフリカ, 国際協力, 栄養

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 【10/12】いま世界が注目する新しい支援のかたち~アフリカにおける栄養改善への取り組み~

【10/12】いま世界が注目する新しい支援のかたち~アフリカにおける栄養改善への取り組み~

最終更新日時:2013年10月04日 19:03 投稿作成日時:2013年10月04日 19:03

カテゴリー:国際協力,医療・薬品,飢餓

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2013年10月12日~2013年10月12日
時間帯13:30~18:00
募集期間2013年10月04日~2013年10月08日
お申込方法インターネット
定員130名
対象者途上国のソーシャルビジネスに興味のある企業担当者・若手社会人
世界の栄養問題・国際保健への関心がある学生・栄養士
料金無料(交流会参加の場合は軽飲食代として実費1,000円をお願いいたします)
場所イトーキ東京イノベーションセンター「SYNQA」2階セミナールーム
地図リンク外部リンク
住所東京都東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー 1-3F
最寄り駅京橋駅/ 東京メトロ銀座線 2番出口直通
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

本セミナーではアライアンス・フォーラム財団が実際にアフリカで行っている栄養改善プロジェクトに加え、栄養改善という分野の世界的潮流・新しい取り組みを、国際協力機構の専門員の方をお招きして、お伝えします。

■主催:一般財団法人アライアンス・フォーラム財団

■後援:アフリカ開発銀行東アジア代表事務所、独立行政法人 国際協力機構、特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会、DIC株式会社、日清食品ホールディングス株式会社

■プログラム

13:30~16:45  セミナー
◇ これからの日本発の途上国支援の在り方~アライアンス・フォーラム財団の取り組み
/ 原 丈人 アライアンス・フォーラム財団 代表理事

◇ミレニアム開発目標(MDGs)の現状と今後の重点課題
/ アライアンス・フォーラム財団スタッフ

◇栄養不良問題の現状
/ 力丸 徹
国際協力機構国際協力専門員(栄養保健)

◇アフリカの生活から見えること-ザンビアからの報告
/ アライアンス・フォーラム財団インターン

◇スピルリナ・プロジェクト-地産地消型の栄養改善へのアプローチ
/ アライアンス・フォーラム財団スタッフ

16:45~18:00  交流会

■申込み方法
参加をご希望される方は、詳細リンクに記載されている登録ページからご登録下さい。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※締切:10月8日(火)

プロフィール

名称アライアンス・フォーラム財団
住所東京都
TEL03-6225-2795
FAX
E-mailrecruit@allianceforum.org
担当者名加藤厚子

紹介メディア

pagetop