ホリエモン登壇!『オープンガバメント シンポジウム~WEBで政治を変えよう~』日本政策学校主催

ホリエモン, 政治

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • ホリエモン登壇!『オープンガバメント シンポジウム~WEBで政治を変えよう~』日本政策学校主催

ホリエモン登壇!『オープンガバメント シンポジウム~WEBで政治を変えよう~』日本政策学校主催

最終更新日時:2013年10月24日 17:46 投稿作成日時:2013年10月24日 17:46

カテゴリー:コンピューター・テクノロジー,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,短期可
開催期間2013年11月06日~2013年11月06日
時間帯18:00~19:30
募集期間2013年10月24日~2013年11月06日
お申込方法インターネット
定員120
対象者政治、ITに興味がある人
料金2,000
場所TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
住所東京都新宿区市谷八幡町8 TKP市ヶ谷ビル
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

日本は、今大きな転換期にあります。世界経済の低迷、エネルギー問題、少子高齢化、外交問題、国家の在り方など前例のない課題が山積です。それら立ち向かう為には政治、政府が市民参加を拡大することを通じて、政治、行政において透明性、公開性を高めることが必須であります。公共政策およびサービスの設計段階で市民が参加することで、個々の「アイディア」や「気付き」の貯蔵庫を最大限利用でき、政策のパフォーマンスを向上させ、市民の期待にこたえることができます。
最近では、オープンガバメントはITを利用する方向に進んでいます。経済産業省で実施された「アイディアボックス」やアメリカ合衆国の小浜政権で実施された「オープン・ガバメント・イニシアティブ」など政府がITを活用しアイディアを集約し、現場レベルのきめ細やかな公共サービスの提供を目指しています。

[イベント内容]
近年世界で急速に進みつつあるオープンガバメントに対する見解やSNSやCMSに代表されるようなITツールの進化を踏まえ、この時代において、政治全体におけるウェブプロモーションはどうあるべきなのかについてパネルディスカッションを実施致します。

[パネリスト]
・堀江 貴文様(株式会社SNS ファウンダー)
・鈴木 崇弘様(城西国際大学大学院国際アドミニストレーション客員教授)
・藤井 宏一郎様(グーグル株式会社 公共政策部長)

[日程]
2013年11月6日(水)18時~19時半

[開催場所]
〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町8 TKP市ヶ谷ビル TKP市ヶ谷カンファレンスセンター

[費用]
2,000円

[定員]
120

[持ち物]
名刺交換会がありますので、名刺をお持ちください。

[プログラム]
開場 17:30
開園 18:00
終了 19:30
参加者名刺交換・交流会 19:30~

[お申込み]
参加ご希望の方は詳細URLからお申込みください。

「問い合わせ」
03-5766-6322
日本政策学校 事務局

プロフィール

名称一般財団法人 日本政策学校
住所東京都 台東区東上野 2-18-7 共同ビル3F
TEL03-5826-4352
FAX
E-mailtani.hayata@j-policymail.org
担当者名事務局

紹介メディア

pagetop