看護師の立場から国際協力~看護師の可能性∞~「インドネシアの保健医療活動の経験を通して」

国際協力, 看護師, インドネシア, 保健医療

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 看護師の立場から国際協力~看護師の可能性∞~「インドネシアの保健医療活動の経験を通して」

看護師の立場から国際協力~看護師の可能性∞~「インドネシアの保健医療活動の経験を通して」

最終更新日時:2013年11月06日 15:34 投稿作成日時:2013年11月06日 15:34

カテゴリー:国際協力

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2013年12月14日~2013年12月14日
時間帯17:00~19:00
募集期間2013年11月06日~2013年12月13日
お申込方法メール, TEL, インターネット
定員30名
対象者国際保健医療分野で働くことを志す方
料金1000円
料金補足説明JOCS会員は500円
場所JOCS東京事務局
地図リンク外部リンク
住所東京都新宿区馬場下町1-1早稲田SIAビル4階
最寄り駅東京メトロ東西線早稲田駅
場所補足説明東西線早稲田駅より徒歩2分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

「看護師の立場から国際協力 ~看護師の可能性∞~」
をテーマとして、2013年度の海外保健医療勉強会を好評開催中です。

看護師の資格を活かして国際協力に関わってきた講師が、キャリア形成や現場の活動に関して語ります。

第3回目となる今回は、インドネシアにて約12年間、青年海外協力隊員や保健医療プロジェクトの仕事に関わってきた八田早恵子氏(名桜大学人間健康学部看護学科助手)を講師として迎えます。現場での仕事を通して、看護師として経験したこと、感じたことを分かち合います。

少人数の勉強会なので、気軽に講師に質問をすることもできます。

国際保健医療分野で働くことを志す看護師や学生の方、インドネシアに興味がある方、ぜひお越しください。

【講師:八田早恵子(はったさえこ)氏】
看護師として日本の病院に勤務後、青年海外協力隊、JICA調査団員、青年海外協力隊シニア隊員などで長年インドネシアや東ティモールの活動を行った。2007年NPO法人HANDSに入職し、プロジェクトオフィサーとして、インドネシア地域保健プロジェクト、大洋州地域看護師のための現任研修プロジェクト等に従事。2013年7月から、沖縄県名護市にある公立大学法人名桜大学人間健康学部看護学科に勤務。インドネシア及び日本の地域の母子&小児保健に関心を持つ。
静岡県立大学大学院 看護学修士。

プロフィール

名称日本キリスト教海外医療協力会
住所東京都
TEL03-3208-2416
FAX03-3232-6922
E-mailinfo@jocs.or.jp
担当者名森田真実子

紹介メディア

pagetop