【AAR Japan】12月17日(火)シリア難民支援報告会―難民自ら語る、シリアの子どもたちの今―

国際協力, シリア, 難民, 教育, NGO

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 【AAR Japan】12月17日(火)シリア難民支援報告会―難民自ら語る、シリアの子どもたちの今―

【AAR Japan】12月17日(火)シリア難民支援報告会―難民自ら語る、シリアの子どもたちの今―

最終更新日時:2013年12月09日 12:24 投稿作成日時:2013年12月09日 12:24

カテゴリー:国際協力,子供,教育,寄付,移民・難民,平和

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2013年12月17日~2013年12月17日
時間帯18:30~20:30
募集期間2013年12月09日~2013年12月17日
お申込方法TEL, インターネット
定員80名(先着順、要事前申し込み)
対象者下記ホームページから、またはAARにお電話(03-5423-4511)でお申し込みください。AARのイベントが初めてという方も、お気軽にご参加ください。
http://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2013/1217_1399.html
料金無料
場所JICA地球ひろば セミナールーム600
地図リンク外部リンク
住所東京都新宿区市谷本町10-5
最寄り駅市ヶ谷駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

■12月17日(火)シリア難民支援報告会
―難民自ら語る、シリアの子どもたちの今―

終わりの見えないシリア内戦。避難生活が長引く中、子どもたちは今どのような状況におかれているのでしょうか。
AARでは12月17日(火)、シリア難民としてトルコで暮らし、同じシリア難民の子どもたちのためにと小学校を開設したムスタファ・シャキール氏をゲストに招き、活動報告会を開催します。

シリア内戦は2011年3月の反政府デモに端を発し、いまだに収束の兆しが見えません。600万人以上が故郷を離れ、国内外に避難をしています。そのうち50万人が暮らすトルコでは、言語の違いから多くの難民の子どもたちが教育を受けられずにいました。
AARは2012年からトルコでシリア難民支援を始め、2013年からはそうした子どもたちの学習環境の整備も実施しています。2013年3月には、シャキール氏が校長を務める難民の子どもたちのための小学校に、教科書や文房具を提供しました。

AARの支援活動と子どもたちの「今」を、12月まで現地で活動したAARの宮崎佐和子と、ムスタファ・シャキール氏が報告します。

プロフィール

名称AAR Japan [難民を助ける会]
住所東京都
TEL03-5423-4511
FAX
E-mailinfo@aarjapan.gr.jp
担当者名内藤裕子

紹介メディア

pagetop