1/25(土)ESD公開学習会「ESDは教育問題にどう応えるのか?」

ESD, 開発教育, 学校, いじめ

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 1/25(土)ESD公開学習会「ESDは教育問題にどう応えるのか?」

1/25(土)ESD公開学習会「ESDは教育問題にどう応えるのか?」

最終更新日時:2014年1月06日 19:22 投稿作成日時:2014年1月06日 19:22

カテゴリー:環境,国際協力,子供,教育,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2014年1月25日~2014年1月25日
時間帯14:00~18:00
募集期間2014年1月06日~2014年1月25日
お申込方法メール, TEL
定員50名
対象者ESDに関心のある方どなたでも
料金一般¥1,000 学生¥500
料金補足説明当日受付でお支払いください
場所聖心女子大学グリーンパーラー
地図リンク外部リンク
住所東京都東京都渋谷区
最寄り駅日比谷線広尾駅下車徒歩3分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

●私の考えるESDの大切な視点~ESDならではの教育実践とは?
みなさんが取り組んでいる、または悩んでいる、ESDについて、より深く話し合う機会を設けます。 ESDは現実の教育問題に対してどう応えることができるのでしょうか。今回は、特に、学校の問題である「いじめ」、地域の問題である「不寛容」について、ESDらしい問題解決を考えます。

自分では当然と思っているESDにおける大切な視点・視座は、実は他の人とは違うかもしれません。こうした〈気づき〉や〈分かち合い〉を大切にするため、第3回目となる学習会はワークショップ形式で進めます。前回の学習会での「宿題」とも言えるESDの「ガラパゴス化」※についても議論したいと思います。

※ガラパゴス化とは、一般的には、閉じられた環境の中で最適化が進むと、外部とのやり取りもなくなり、孤立していってしまうことを指します。国際的な運動が国内で展開されるにつれ、内向き志向になったり、自己内充足性・自己完結性を強めたりする際にも用いられる言葉です。

▼プログラム
1.自己紹介・アイスブレーキング「私が考えるESDの大切な視点」
2.課題提起(永田佳之)
3.グループワーク:いじめ・不寛容についてESD的なアプローチを考える
4.振り返り
18:00~交流会予定(希望者のみ)

▼主催
(特活)開発教育協会/DEAR「学校づくり研究会」、聖心女子大学・永田佳之研究室

プロフィール

名称開発教育協会/DEAR
住所東京都
TEL03-5844-3630
FAX03-3818-5940
E-mailyagi@dear.or.jp
担当者名八木

紹介メディア

pagetop