連続公開セミナー「食べものの危機を考える」 2012年度 第1回

イベント

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 連続公開セミナー「食べものの危機を考える」 2012年度 第1回

連続公開セミナー「食べものの危機を考える」 2012年度 第1回

最終更新日時:2012年5月08日 20:11 投稿作成日時:2012年5月08日 20:11

カテゴリー:国際協力

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2012年5月31日~2012年5月31日
時間帯18:30~20:30
募集期間2012年5月08日~2012年5月31日
お申込方法メール, TEL
料金500円
料金補足説明共催団体会員、明治学院大学在籍者は無料
場所明治学院大学 白金校舎 本館4階北ウィング 1457教室
地図リンク外部リンク
住所東京都港区白金台1-2-37
最寄り駅東京メトロ・都営地下鉄 白金高輪駅、白金台駅、高輪台駅より各徒歩7分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

東日本大震災の影響を受けた人々の中でも、ケア・サポートが届かなくなった高齢者や障害者が買い物にも行けず食べることに困っていることを伝えるニュースが届いています。また、福島第一原子力発電所事故による放射線量の増加により、販売できない、生産できない農作物が出てくる一方で、食べることに不安を覚えざるを得ない日々が続いています。必要な人、特に社会的弱者に安心して食べることのできるものを届ける仕組みを考えることは、私たち自身の食べものへの安心を取り戻すことにもつながります。
連続公開セミナー「食べものの危機を考える」の初回となる今回は、前半に明治学院大学国際平和研究所(PRIME)所長の勝俣誠さんに、平和を構築するうえでの食べものの重要性や、人々が食べものなどを求めて集まるマーケットが果たす役割について、解説していただきます。後半は、日本国際ボランティアセンター(JVC)南アフリカ東京事業担当の渡辺直子さんに、活動地で行っている家庭菜園プロジェクトなどについて紹介していただきながら、住民が食べものを売り買いするときの課題や、スモールマーケットの可能性について、参加者と一緒に考えます。皆さまふるってご参加ください。

プロフィール

名称ハンガー・フリー・ワールド
住所東京都
TEL03-3261-4700
FAX03-3261-4701
E-mailinfo@hungerfree.net
担当者名糟谷知子

紹介メディア

pagetop