映画「北朝鮮強制収容所に生まれて」×トークイベント~脱北者らが語る驚愕の真実~

北朝鮮, 映画, 人権, 国際協力, アムネスティ

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 映画「北朝鮮強制収容所に生まれて」×トークイベント~脱北者らが語る驚愕の真実~

映画「北朝鮮強制収容所に生まれて」×トークイベント~脱北者らが語る驚愕の真実~

最終更新日時:2014年6月02日 18:44 投稿作成日時:2014年6月02日 18:44

カテゴリー:国際協力,子供,教育,政治,女性,法律,アドボカシー・人権,飢餓,移民・難民,平和

  • 受付状況:受付中
募集期間2014年6月02日~2014年6月07日
定員120人
対象者どんな方でも大歓迎!映画とトークを通して、一緒に北朝鮮の人権問題に関して考えませんか。
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治囚強制収容所*からの脱出に成功した唯一の証言者シン・ドンヒョク。映画「北朝鮮強制収容所に生まれて」は、彼の想像を絶する半生と、収容所での拷問と虐待の実態を描いた衝撃のドキュメンタリーです。映画が横浜で初めて上映される日に、さまざまな立場から北朝鮮の人権問題に取り組んできた活動家と日本で暮らす脱北者を招へいし、トークイベントを開催します。イベントでは、収容所における人権侵害も含め北朝鮮で一体何が起きているのか、そして北朝鮮の人権問題を解決するために何ができるかを、映画とトークを通して一緒に考えます。是非、お越しください。

*収容所では、子どもがわずかな食糧で長時間過酷な労働を強いられ、人びとが拷問や虐待、強かん、強制堕胎などの性的虐待にさらされ、裁判もなく処刑されています。しかも、収容所には、自らの信念や人種、宗教を理由に反政府とみなされ粛清された人びと、逃亡して送還された人びとだけでなく、彼らの家族や親戚も連帯責任で捕えられています。北朝鮮ではいま、子どもも含め数十万の人びとが収容されています。


【プログラム】
〇映画「北朝鮮強制収容所に生まれて」上映 (ドキュメンタリー/105分 監督/マルク・ヴィーゼ) 
〇トークイベント
  ゲスト・・・・脱北者の方
         佐伯浩明(北朝鮮難民救援基金 副理事長)
  司会・・・・・石原秀子(アムネスティ・インターナショナル日本 神奈川連絡会 代表)

*北朝鮮の人権問題に関するアムネスティの資料も配布します。

主催:アムネスティ・インターナショナル日本神奈川連絡会 / 北朝鮮難民救援基金

プロフィール

名称公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
住所東京都 千代田区神田小川町 2-12-14  晴花ビル7階
TEL03-3518-6777
FAX03-3518-6778
E-mailinfo@amnesty.or.jp
担当者名庄司

紹介メディア

pagetop