アフガンスタッフと語る村の診療所、そしてイスラム

国際協力, アフガニスタン, 地域保健, イスラム

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • アフガンスタッフと語る村の診療所、そしてイスラム

アフガンスタッフと語る村の診療所、そしてイスラム

最終更新日時:2014年6月03日 13:45 投稿作成日時:2014年6月03日 13:46

カテゴリー:国際協力,医療・薬品,宗教

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2014年6月20日~2014年6月20日
時間帯19:00~21:00
募集期間2014年6月03日~2014年6月20日
お申込方法インターネット
定員40名(要予約)
対象者どなたでもご参加いただけます。
料金1,000円
料金補足説明アフガン菓子・ラッシー付
場所ラーニングカフェ(JVC東京事務所が入っているビルの8Fです)
地図リンク外部リンク
住所東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル8F
最寄り駅JR 秋葉原駅、JR 御徒町駅、東京メトロ銀座線「末広町」駅
場所補足説明地図・アクセス方法はこちらからご覧ください。http://www.ngo-jvc.net/jp/aboutjvc/address.html
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

アフガニスタンから、活動地で村人の診療にあたっている医師と、薬などの物資を市場から調達するJVCスタッフが初来日します!

どうしてJVCで働くようになったのか、活動を通じて考えていることは、そして彼らが暮らす、イスラム教の世界とは。新しい大統領の選出が目前に迫る転換期のアフガニスタン。まさに現場で働くスタッフの声を聴きに来ませんか?

◆来日スタッフプロフィール◆

○モハマド・ナシーム(医師)
1976年生まれ。戦場下のアフガンで2004年から医者として、地域の医療活動に従事。地域診療所の最前線で、患者と向きあう。家庭では7児の父として、家族を支える。
出身:アフガニスタン・ナンガルハル県
専攻:イスラム宗教学
趣味:イスラム関係の読書
家族:妻、息子4人、娘3人
好きな言葉:平和
今年の目標:メッカ巡礼

○サイード・サファラガ(物資調達)
1985年生まれ。2007年よりJVCアフガニスタン事務所で勤務。物資調達を担当し、裏方スタッフとして医療所運営を支える一方、3人の子どもの父親でもある。
出身:アフガニスタン・ナンガルハル県
専攻:農業
趣味:読書とトランプ
家族:妻、娘2人、息子1人
好きな言葉:教育
今年の目標: チーム一体となってとして働くことを学ぶ

本イベントは予約制となっています。
お申し込みはリンク先のフォームからお願いいたします。

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL03-3834-2388
FAX03-3835-0519
E-mailinfo@ngo-jvc.net
担当者名大村

紹介メディア

pagetop