第7回 BOPビジネス勉強会「スポーツ×国際開発=社会貢献」型事業の可能性

スポーツ, 国際協力, 青年海外協力隊, ケニア, カンボジア

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 第7回 BOPビジネス勉強会「スポーツ×国際開発=社会貢献」型事業の可能性

第7回 BOPビジネス勉強会「スポーツ×国際開発=社会貢献」型事業の可能性

最終更新日時:2014年7月15日 10:42 投稿作成日時:2014年7月15日 10:42

カテゴリー:国際協力,文化・アート,スポーツ

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック友人と一緒に参加可
開催期間2014年7月30日~2014年7月30日
時間帯19:00~21:00
募集期間2014年7月15日~2014年7月30日
お申込方法メール
定員30名
料金500円
場所中央大学大学院 市ヶ谷田町キャンパス 303号室
地図リンク外部リンク
住所東京都
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

FIFAワールドカップが終了しました。皆さんは、これまでの戦いをどのようにご覧になっていますでしょうか。

日本が対戦したコートジボワールのドログバ選手は、内戦の終結を目指した行動を起しています。また、今回が初出場となったボスニア・ヘルツェゴビナでは民族融和にサッカーが大きな役割を果たしています。

こうした報道からも今回の大会は、単なる勝敗だけではないサッカーやスポーツの力を改めて確認する機会を与えてくれたのではないかと感じています。

日本では、2019年のラグビー・ワールド・カップや2020年の東京オリンピックが控えています。招致プレゼンの中では「Sports for Tomorrow」と題して、日本がスポーツを通じた途上国支援に力を入れていくことが発表されています。

そこで、今回のBOPビジネス勉強会では、こうした「スポーツの力」について取り上げます。

プレゼンターには、青年海外協力隊・起業家・JICAのPマネージャー、国連ミッションの専門家、NGOの理事など、多面的な立場でスポーツを通じた国際開発に関わり、現在、筑波大学で教鞭を執られている山口拓氏をお招きします。

普段、スポーツに関わりの薄い方でも、それぞれのフィールドからスポーツを眺めることにより、新たな発見や事業展開が見えてくるのではないかと思います。皆さんのお越しをお待ちしております。


●日時:7月30日(水) 19:00~21:00 その後、懇親会

●場所:中央大学大学院 市ヶ谷田町キャンパス 303号室
※学校には問い合わせをされないようにお願いいたします。

●プレゼンター: 山口拓氏
(筑波大学・体育系:助教、認定NPO法人 ハート・オブ・ゴールド:理事、 カンボジアNOC:技術顧問)

●参加申し込み・問い合わせ: SOKONI(岸卓巨)
※参加希望の方はお名前と所属先をお知らせください。

プロフィール

名称SOKONI
住所東京都
TEL080-3397-9170
FAX
E-mailtakumi.kishi@gmail.com
担当者名岸卓巨

紹介メディア

pagetop