シンポジウム 「9.11から13年 ~アフガニスタンの教育現場の今を知る~」開催

イベント

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • シンポジウム 「9.11から13年 ~アフガニスタンの教育現場の今を知る~」開催

シンポジウム 「9.11から13年 ~アフガニスタンの教育現場の今を知る~」開催

最終更新日時:2014年9月03日 12:29 投稿作成日時:2014年9月03日 12:29

カテゴリー:国際協力,平和

  • 受付状況:受付中
  • 地域:大阪府
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,参加無料
開催期間2014年9月11日~2014年9月11日
時間帯18:00~20:00
募集期間2014年9月03日~2014年9月10日
お申込方法メール
定員100人
料金無料
場所大阪大学 中之島センター 304講義室
地図リンク外部リンク
住所大阪府大阪市北区中之島4-3-53
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

2014年9月11日(木)、ジャパン・プラットフォーム(JPF)と国立大学法人大阪大学大学院人間科学研究科グローバル人間学専攻によるシンポジウム「9.11からの13年~アフガニスタンの教育現場の今を知る~」が大阪大学中之島センターにて開催されます。

アフガニスタンは長年に渡る紛争と自然災害によって、深刻な人道危機に直面しています。治安悪化や大統領選挙による混乱もあり、人々は長い間非常に厳しい生活環境におかれています。避難生活を続けざるを得ない市民も多く、人道支援に対するニーズは依然として高い状況が続いています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンも、JPFの加盟団体としてアフガニスタンにて教育支援活動を実施してきましたが、本シンポジウムでは、現地で教育事業に携わる、団体による、同国における教育現場の声をお伝えします。

「現場で活動するNGOのプロフェッショナル達の生の声を直接聞くことができる貴重な機会です。このシンポジウムをきっかけにアフガニスタンという国をより身近に感じ、 私たちに何ができるか一緒に考える機会となればと願っています」とJPF海外事業部長 柴田裕子は述べています。

スケジュール詳細
全体司会:石井 正子氏(大阪大学人間科学研究科 准教授)
1. プログラム概要紹介(5分):ジャパン・プラットフォーム
2. 基調講演(20分)
桑名 恵氏(立命館大学 准教授)
3. アフガニスタン現地スタッフによる報告(30分)
ヌーリ氏(ADRA) / ワヒドラ氏(CARE)
4. パネル・ディスカッション(30分)
テーマ「アフガニスタンにおける教育現場の今」
モデレーター:折居 徳正氏
(公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO) 事務局長)
5. 質疑応答(15分)

パネルディスカッションには、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 海外事業部プログラム・オフィサーで、アフガニスタン担当の紺野 誠二も登壇します。

プロフィール

名称公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
住所東京都
TEL03-6859-0011
FAX
E-mailsaveothers@savechildren.or.jp
担当者名吉田 沙和子

紹介メディア

pagetop