奥出雲での実践!環境民俗学の試み〜エコロジーを問い直す

環境社会学, 里山保全, 中山間, 竹林整備, 島根

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 奥出雲での実践!環境民俗学の試み〜エコロジーを問い直す

奥出雲での実践!環境民俗学の試み〜エコロジーを問い直す

最終更新日時:2014年9月17日 16:26 投稿作成日時:2014年9月17日 16:26

カテゴリー:環境,歴史・伝統

  • 受付状況:受付中
  • 地域:島根県
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,学生さん歓迎!,参加無料
開催期間2014年9月26日~2014年9月26日
時間帯18:30~20:30
募集期間2014年9月17日~2014年9月26日
お申込方法メール, TEL, FAX
定員20
対象者奥出雲の里山的自然に興味がある方、環境倫理や環境社会学につい勉強したい方、民芸竹細工に興味がある方、里山保全活動を体験してみたい方。年齢不問。
料金無料
料金補足説明お茶、お菓子、軽食を用意します。カンパをお願いします。
場所松江市市民活動センター505研修室
住所島根県松江市白潟本町43番地 STICビル
最寄り駅JR松江駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

ゼミナール形式ではありますが、お茶を飲みながらわいわい話す気楽な会です。
3部構成ですが、一部の参加も可です。
(1)「柳田民俗学のフィロソフィー」鳥越皓之(東京大学出版会)を読む
〜"環境民俗学"については、野本寛一の「生態民俗学」、それを批判した篠原徹の「民俗自然誌」をふまえながらも、嚆矢として鳥越皓之の概念規定と分析を基軸におきます。鳥越氏は、前滋賀県知事・嘉田由紀子とともに琵琶湖畔での研究実践の「生活環境主義」で知られています。
「生活環境主義」のもとで行われる研究は、研究者のためではなく、居住者の生活の問題を解決するため。これは柳田民俗学が希求していたものであり、とらえている「自然」は、現在主流であるエコロジー論的な自然感とは異なることを、読み解きながら明らかにしていきます。

2)奥出雲竹取りフィールドレポート
 竹薮化した竹林の伐倒計画。その背景、目論見、周辺の自然環境などを写真や地図を提示しながら検討します。

3)1月25日に上映するドキュメンタリー映画「タケヤネの里」の予告編。今後の活動の説明会です。

プロフィール

名称さくらおろち
住所島根県 雲南市 木次町平田779-1
TEL0854-48-0729
FAX0854-48-0729
E-mailsakura-o@bs.kkm.ne.jp
担当者名面代真樹

紹介メディア

pagetop