【JVC10/10】気仙沼事務所スタッフ報告会

震災復興, 気仙沼, 食, 東日本大震災, NGO

熊本地震災害対応の募集ができます

【JVC10/10】気仙沼事務所スタッフ報告会

最終更新日時:2014年10月03日 16:00 投稿作成日時:2014年10月03日 16:00

カテゴリー:災害支援,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,友人と一緒に参加可
開催期間2014年10月10日~2014年10月10日
時間帯19:00~20:30
募集期間2014年10月03日~2014年10月10日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX
定員15名
料金1,000円(JVC会員の方は500円)
料金補足説明※気仙沼の郷土料理「メカカレー」が付きます。
場所日本国際ボランティアセンター(JVC)東京事務所
地図リンク外部リンク
住所東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne 秋葉原ビル6F
最寄り駅JR秋葉原駅、御徒町駅徒歩7分、東京メトロ末広町駅徒歩5分
場所補足説明TEL:03-3834-2388、FAX:03-3835-0519、Email:yokoyama@ngo-jvc.net(担当:横山)
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

 JVCが活動する気仙沼では、豊かな海からの恵みを受けることで、古くから地域固有の郷土料理や食文化が育まれてきました。
 今回の報告会では、昭和20年代から最近までけせんぬまでたべられてきた特産品であるメカジキを使った「メカカレー」を楽しみながら、気仙沼ならではの目地らしい食材、それを得るための漁業、さらには漁業に従事している「人」 などをご紹介します。
 東日本大震災からの復興が進む港町気仙沼のさまざまな魅力をたくさん感じて戴ければと思います。

【報告者】
伊藤 祐喜
(気仙沼事務所スタッフ)

千葉県出身。大学卒業後、介護福祉士として高齢者福祉施設に約7年勤務。利用者の日々の生活に関わり、そして多くの方の「最期」をみてきた事で、「生きる」という事について深く考えさせられる。仕事をしながらJVCアフリカボランティアチームの活動に参加。2013年6月より現職。

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL03-3834-2388
FAX03-3835-0519
E-mailinfo@ngo-jvc.net
担当者名大村

紹介メディア

pagetop