「日本の難民支援の今~シリアから考える~」 #OpenToSyriaキャンペーン

国際協力, 難民, シリア

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 「日本の難民支援の今~シリアから考える~」 #OpenToSyriaキャンペーン

「日本の難民支援の今~シリアから考える~」 #OpenToSyriaキャンペーン

最終更新日時:2015年5月01日 17:34 投稿作成日時:2015年5月01日 17:34

カテゴリー:国際協力,移民・難民,平和

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2015年5月30日~2015年5月30日
時間帯16:00~18:00
募集期間2015年5月01日~2015年5月31日
お申込方法メール, インターネット
料金無料
場所アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所
地図リンク外部リンク
住所東京都〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル 7F
最寄り駅都営地下鉄・新宿線「小川町駅」、 東京メトロ・丸の内線「淡路町駅」、 東京メトロ・千代田線「新御茶ノ水駅」のB5出口(3線共通)から徒歩1分 JR御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩6分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

実際に難民を「受け入れる」とはどういうことでしょうか?
現場の話を聞いてみませんか?

日本にやってきて難民申請をしているシリア人は、2014年11月末の時点で61人です。そのうち、難民認定を受けたのはたったの3人。シリア難民だけでなく、日本では難民認定数がとても少ないと言われています。

シリア難民を受け入れるため、世界各国でさまざまな取り組みが始められています。難民認定を多く出すようにした国や、留学生の受け入れをはじめた国もあります。

日本での受け入れはどうなっているのか、シリア人の難民認定の現状や、家族の呼び寄せにかかわる問題など、日々現場で活動している難民支援協会の田多晋さんにお話しいただきます。

また、難民支援は法的な支援や生活のサポートだけでなく、政策提言も必要となります。日本で難民支援をする団体のネットワーク組織「なんみん フォーラム」は、いろいろな活動を行う15団体が集まっています。ネットワークを活かした日本の難民支援の今の話を、なんみんフォーラムの石川美絵子さんから伺います。

プロフィール

名称公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
住所東京都 千代田区神田小川町 2-12-14  晴花ビル7階
TEL03-3518-6777
FAX03-3518-6778
E-mailinfo@amnesty.or.jp
担当者名庄司

紹介メディア

pagetop