エコツアーカフェ「ネパール大震災と私に出来る事~ラムチェ村を中心とした復興支援について~」

国際協力, ネパール, ボランティア, 震災復興, 地震

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • エコツアーカフェ「ネパール大震災と私に出来る事~ラムチェ村を中心とした復興支援について~」

エコツアーカフェ「ネパール大震災と私に出来る事~ラムチェ村を中心とした復興支援について~」

最終更新日時:2015年6月10日 16:40 投稿作成日時:2015年6月10日 16:40

カテゴリー:環境,国際協力,文化・アート,災害支援,救護,歴史・伝統,寄付,ホームレス・住環境,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2015年6月10日~2015年6月22日
時間帯19:00~20:30
募集期間2015年6月10日~2015年6月22日
お申込方法メール, TEL, FAX
料金500円
料金補足説明エコツアーカフェ終了後は食事をしながらの懇親会もあります(実費)。
場所モンベルクラブ 渋谷店 5F
地図リンク外部リンク
住所東京都東京都渋谷区宇田川町11番5号 モンベル渋谷ビル
最寄り駅渋谷駅より徒歩8分
場所補足説明モンベルクラブ渋谷店は渋谷東急ハンズ向かいにあります。
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

ネパールは、4月25日の大地震、5月12日の余震により、大きな被害を受けました。

今回のゲスト、水出氏も自身が営むゲストハウス(カトマンズ)で被災し、ラムチェ村を中心に復興支援を行っています。

ラムチェ村では280軒あった家のうち276軒が倒壊し、壊滅的な状態にありますが、いまだ満足のいく支援がなされていません。

雨期に入り感染症などが心配される今、短期的支援(食料、テント、ブルーシート等)が求められています。

また、中長期的な村再建や心のケアなど課題は多くありますが、手探り状態でもあります。

ネパールの現状をお伝えすると共に、物資の募集と私達に何が出来るのかを一緒に考えましょう。

また、ネパールに行きたくなるような、自然や文化の魅力についてもお伝えします。

*テント・シートの寄付を募っています。よろしければ会場にお持ちください。



【ゲストスピーカー】水出正氏 富士山ゲストハウスネパール 代表

水出正氏[みずいで・ただし]
1975年4月21日生まれ。富士山ゲストハウスネパール代表。
40歳でネパール大震災により被災。世界一周中にネパールに魅了され、世界中で山の修行後ネパールに戻る。 オーナーを勤める富士山ゲストハウスとネパール人スタッフの出身のシンドバルチョーク県ラムチェ村は大被害を受けた。ラムチェ村を中心に支援活動を開始する。


【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
TEL:03-5834-7966
FAX:03-5834-7972

【お申込み】ホームページよりお申込みフォームまたは電話、ファックスでお名前、メールアドレス、ご連絡先電話番号を日本エコツーリズムセンター事務局にお知らせください。

プロフィール

名称NPO法人日本エコツーリズムセンター
住所東京都
TEL03-5834-7966
FAX03-5834-7972
E-maildesk@ecotourism-center.jp
担当者名井上

紹介メディア

pagetop