6/24ケニアPM報告会「農村部の保健医療事情~誰もが健康な社会をめざした仕組みづくり~」

国際協力, ケニア, アフリカ, 保健医療, 途上国

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 6/24ケニアPM報告会「農村部の保健医療事情~誰もが健康な社会をめざした仕組みづくり~」

6/24ケニアPM報告会「農村部の保健医療事情~誰もが健康な社会をめざした仕組みづくり~」

最終更新日時:2015年6月15日 12:42 投稿作成日時:2015年6月15日 12:48

カテゴリー:国際協力,子供,医療・薬品,女性,衛生

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2015年6月24日~2015年6月24日
時間帯19:00~21:00
募集期間2015年6月15日~2015年6月24日
お申込方法メール, TEL, インターネット, 当日お申込
料金1000円
料金補足説明※HANDS会員、マンスリーサポーター、登録ボランティアは無料
場所HANDS東京事務所(山の手ビル1F)
地図リンク外部リンク
住所東京都文京区本郷3-20-7 山の手ビル1F
最寄り駅東京メトロ丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」、JR「御茶ノ水駅」
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

ケニアは東アフリカの経済国です。しかし地域や所得の格差が大きく、医療施設や人材の不足もあって、まだ保健医療サービスは誰にでも身近なものではありません。
その影響は未だ厳しい妊産婦死亡率や、削減目標を達成できない子どもの死亡率などにも表れています。

そのようななか、HANDSは2013年から、ケリチョー郡保健省と共に、コミュニティヘルスを担う住民組織づくりを進めてきました。
1年目は2地域で80名の保健ボランティアが誕生し、今では村の公衆衛生活動を担う人材として活躍しています。今年、来年に向けては、新組織の立ち上げを面的に広げながら、行政マネジメント力の強化も同時に行っていきます。

住民のエンパワメントによる草の根からの地域保健活動の意義と可能性について、ぜひ肌で感じてください。

【スピーカー】
北島 慶子(プログラム・オフィサー/ケニアプロジェクト・マネジャー):

  同志社大学文学部卒業。インドネシア・スマトラ沖津波の復興支援事業で
  災害看護教育支援、青少年育成などを担当。
  国立保健医療科学院国際保健課程修了。英国ノーサンブリア大学院にて、
  Disaster Management & Sustainable DevelopmentCourse修了。
  2013年11月より現職。


プロフィール

名称特定非営利活動法人HANDS
住所東京都
TEL03-5805-8565
FAX03-5805-8667
E-mailinfo@hands.or.jp
担当者名内田

紹介メディア

pagetop