7/26(日)~ワークライフバランス(WLB)セミナー~についてお知らせ

セミナー, ワークライフバランス, 東京, 仕事, 長時間労働

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 7/26(日)~ワークライフバランス(WLB)セミナー~についてお知らせ

7/26(日)~ワークライフバランス(WLB)セミナー~についてお知らせ

最終更新日時:2015年7月06日 14:16 投稿作成日時:2015年7月06日 14:16

カテゴリー:雇用,女性,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2015年7月26日~2015年7月26日
時間帯14:00~16:00
募集期間2015年7月01日~2015年7月25日
お申込方法インターネット
定員30名
対象者学生、社会人
料金無料
場所江東区文化センター 第3会議室
地図リンク外部リンク
住所東京都〒135-0016  東京都江東区東陽4-11-3
最寄り駅東京メトロ東西線「東陽町」駅
場所補足説明駅下車 【1番】出口より徒歩5分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

経営戦略としてのワークライフバランス(WLB)を活用して豊かな人生を歩みましょう!!

★あなた自身・・・

★会社の管理者・上司は・・・

★こんな思いこみをしていませんか?

ワークライフバランスなんて・・

□今すぐ考えなくてはいけないものなのか?

□うちの会社では無理!!

□女性支援の話だろう!!

□あっても休業制度の利用には抵抗が・・

思い当ったら・・・是非参加して見て下さい!!


これからの時代、育児休業を取得する女性の数を、介護休業を取得する男性の数が上回ります。
時間的制約のある社員は、男女を問わず、特別ではなく当然の存在となるのです。

さらにもう企業には新規採用・育成に投資する費用も時間もありません!!

日本社会が抱える育児・病気・介護といった諸処の問題の根幹である「長時間労働問題」。
ワークライフバランスはその解決策として、【取り組んだ方がよいもの】から【取り組まなければならないもの】へと変化しています。

個人は、これまでと同じ業務量を短時間でこなすことで、家族と一緒に過ごす経験や自己研鑽の時間が増えます。
そこで得た学びは会社の商品やサービスにアイデアという形で跳ね返ります。

企業は、時間的制約を持つ人材を辞めさせずに今いる人材を活かして柔軟な組織を作ることで、残業時間を削減し、経営効率が高まります。
様々な立場の社員がいるからこそ、多様な顧客のニーズを掴むこともできるようになるのです。

「仕事」と「家庭」の充実は、相反するどころか「WIN&WIN」の相乗効果を生み出します。

このセミナーでは、その考え方や取り組み方について解説をします。

プロフィール

名称TeamOhana
住所東京都
TEL080-6807-6790
FAX
E-mailyasuhiro_jingo@yahoo.co.jp
担当者名仁後 安弘

紹介メディア

pagetop