チャリティイベント 1日限りの「東ティモールカフェ」

東ティモール, カフェ, 劇, JAZZ, 国際協力

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • チャリティイベント 1日限りの「東ティモールカフェ」

チャリティイベント 1日限りの「東ティモールカフェ」

最終更新日時:2015年7月24日 12:31 投稿作成日時:2015年7月24日 12:31

カテゴリー:国際協力,子供,医療・薬品

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック友人と一緒に参加可
開催期間2015年8月23日~2015年8月23日
時間帯13:00~16:00
募集期間2015年7月24日~2015年8月21日
お申込方法インターネット
定員50名
料金2,000円 
料金補足説明当日券2,500円、開催日前に定員に達した場合は当日券の販売はいたしません。
参加費は東ティモールで行う学校保健プロジェクトへの寄付とさせていただきます。
お申し込みはこちらから:http://timor-cafe.peatix.com/
・peartixよりお申し込みをお願いします。入金確認ができた方には事務局よりメールを差し上げます。1週間経ってもメールが届かない場合は、事務局まで連絡をお願いします。
・チケット購入後のキャンセルや、枚数変更、払い戻しは行いませんので予めご了承ください。
場所untitled tokyo
地図リンク外部リンク
住所東京都台東区上野桜木1-5-6シーダーレジデンスB1
最寄り駅JR上野駅(公園口)から徒歩15分
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

五感で体験!支え合いの国「東ティモール」

このイベントで伝えたいのは「つながる力」の可能性と「支え合うこと」の大切さ。そのために、従来のシェアのイベントと趣向を変え、異業種と意外なコラボで今回のチャリティイベントを開催します。

私たちNGOシェアは、1999年の東ティモール独立前の騒乱時に緊急救援として活動を開始しました。それから約15年、「支援」を通じて、実は私たちも彼らから教わり助けられてきました。例えば「東ティモール」では、「家族」の概念が広く、血縁以外でも必要があれば支え合い生活を共にしています。いつも明るく「寂しさ」を感じることが少ない東ティモールの人々に、私たちは勇気づけられ日本の現状について考えさせられてきました。

そこで、今回は支援の対象としてではなく「支え合いの国東ティモール」の魅力を日本の多くの方に伝えられるよう五感に訴えるプログラムを準備しました。さらに、俳優、料理家、ピアニストといった異業種のプロフェッショナルや民間企業のボランティアスタッフも加わることで、東ティモールの「家族」のように「つながる」ことが生み出す可能性にもトライしています。

「食べて」「聴いて」「観て」「触れて」、最後に「明日、私は誰とつながって、何をしよう?」と考えてみてください。



●プログラム
・保健教育劇(協力;俳優 岩尾隆明)
東ティモールなど途上国で実際に保健教育として行っているシナリオを中心に、3つの劇を行います。
「酔っ払いの高くついた回心」(結核劇)
「なぜシコはおなかを痛がるの?」(若月俊一作「はらいた」からの翻案)
「ホームレスと猫とおばさんと」(昨年書き下ろした山谷の新作劇)

・代表理事本田徹トーク
劇の解説と共に、東ティモールや日本の医療状況、途上国における保健教育の必要性についてお話しします。

・JAZZライブ
ピアニスト:千葉史絵、サックス:石田寛和

・東ティモール料理&コーヒー
料理家遠藤ミホ 監修

プロフィール

名称シェア=国際保健協力市民の会
住所東京都 台東区 東上野1-20-6 丸幸ビル5F
TEL03-5807-7581
FAX
E-mailinfo@share.or.jp
担当者名本田徹

紹介メディア

pagetop