「海外こども×カメラ」キッズカメラProjectについて

こども, カメラ, 海外支援, フィリピン, カンボジア

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 「海外こども×カメラ」キッズカメラProjectについて

「海外こども×カメラ」キッズカメラProjectについて

最終更新日時:2015年10月31日 17:26 投稿作成日時:2015年10月31日 17:26

カテゴリー:国際協力,文化・アート,子供,教育,アドボカシー・人権,飢餓,移民・難民,平和,学習ワークキャンプ

  • 受付状況:受付中
  • 地域:奈良県
ワンポイントチェック学生さん歓迎!,長期可,外国語と触れ合える,友人と一緒に参加可
開催期間2015年10月31日~2016年2月15日
募集期間2015年10月31日~2016年2月15日
お申込方法インターネット
定員上限なし
対象者今後キッズカメラプロジェクトは対象国・地域を広げていきます。

海外では、プロジェクトへ参加する学生団体・NPO・NGOを募集します。

国内では、写真展示や写真集などで、海外の子どもたちの瞳が写した世界の現実を日本へ紹介していく予定です。写真展示における展示会場や機材の提供、写真集における制作費やノウハウの提供、またイベント共催や協賛など、皆さまのお力をお借りすることができればと考えております。

収益は各団体が支援する子どもたちの教育支援として使わせていただきます。

お問合せはこちらまでお願い申し上げます。

担当:代表 石川辰雄 連絡先: info@rainbowchildren.holy.jp
料金なし
場所公式HP
住所奈良県
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

~ひらけ未来のトビラ~Kids Camera Project が大きく動き始めました

今年春訪印の直前に不使用デジカメの募集をしてから、約半年。

インドのムンバイ・コルカタのスラムや貧民街で始まった「スラムの子ども×カメラ」のムーブメントは、レインボーチルドレンのデリー、ダラムサラ、カトマンズの活動で広がり、そしてさらに国境を越えてアジアに広がっていく可能性を見せています。

スラムのこども×カメラ」から「海外のこども×カメラ」へ。

これまでの独自のインド・チベット・ネパールにおける運用へ、新たに300台のカメラが追加され、さらに学生団体とタッグを組むことで可能性が大きく広がりました。

対象国・地域を広げ、より多くの社会的課題を伝えるツールとなり、子どもたちの感性を育て・開花するプロジェクトへと変わります。

あわせて、新たに参加する国際支援の学生団体・NGOや、ノウハウ・資金・資源を提供いただける企業・団体も募集します。
詳しくは公式ブログをご覧ください。

ひらけ未来のトビラ!

プロフィール

名称レインボーチルドレン
住所奈良県 生駒市小平尾町 107-24
TEL090-5462-1091
FAX
E-mailalico3113161@gmail.com
担当者名石川 辰雄

紹介メディア

pagetop