マレーシア・サラワク州における違法伐採 日本のサプライチェーンとのつながり

イベント

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • マレーシア・サラワク州における違法伐採 日本のサプライチェーンとのつながり

マレーシア・サラワク州における違法伐採 日本のサプライチェーンとのつながり

最終更新日時:2015年11月24日 11:10 投稿作成日時:2015年11月24日 11:10

カテゴリー:環境,国際協力,法律,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック1日だけでOK,学生さん歓迎!
開催期間2015年12月02日~2015年12月02日
時間帯13:30~16:30
募集期間2015年11月24日~2015年12月02日
お申込方法メール, インターネット
料金無料
場所新宿住友スカイルーム(地図)
地図リンク外部リンク
住所東京都
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

マレーシア最大の州サラワクにおける森林開発は、かつて豊富にあった自然の熱帯雨林を激減させ、何世紀にも渡って森林で生活し、森林に依存してきた先住民族の生活様式に重大な影響を及ぼしています。明らかに違法な伐採行為だけでなく、木材伐採に関連して起きている先住民族の慣習法上の権利(NCR:Native Customary Right)侵害について、訴訟や市民・国内外のNGOによって指摘されているにもかかわらず、現地の伐採企業はそれを改めるに至っていません。
本セミナーでは、グローバル・ウィットネスとヒューマンライツ・ナウによるマレーシア・サラワク州における違法伐採についての最新レポートの発表にあわせて、現地で先住民族問題に携わる活動家に最新の現地の状況を報告していただきます。さらに、サラワク州の違法伐採とそれに伴う先住民族の権利侵害をこれ以上広げないために、日本の企業・政府・NGOが何をすべきなのかを議論します。

プログラム〈内容は予告なく変更する可能性があります〉
<講演>
•責任ある木材調達:東京オリンピックに向けて
(ハナ・ハイネケン氏/グローバル・ウィットネス、シニア・ポリシー・アドバイザー)
•輸入木材ビジネスと先住民族の権利〜日本企業・政府の果たすべき役割
(伊藤 和子氏/ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
•サラワク先住民族の闘い
(ニコラス・ムジャ氏/サラワク・ダヤック・イバン協会)< パネルディスカッション>
「サラワク州の違法伐採と日本:ビジネスと人権の観点から」
モデレーター:海野みづえ氏(創コンサルティング代表取締役)
パネリスト:講演者全員
【申込】
こちらの申込フォームよりお申し込みください。
メールで申し込まれる場合は、1)お名前、2)ご所属・ご職業など、3)メールアドレス、4)お電話番号を記して、以下のいずれかの問い合わせ先までお送りください。

【問合せ】
・認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ(担当:関根)
Eメール:info★hrn.or.jp  TEL:03-3835-2110 (★をアットにしてください。)

【主催】 グローバル・ウィットネス、ヒューマンライツ・ナウ、FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、熱帯林行動ネットワーク、サラワクキャンペーン委員会

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
TEL03-3835-2110
FAX03-3834-1025
E-mailinfo@hrn.or.jp
担当者名伊藤和子

紹介メディア

pagetop