世界人権デー企画「世界を覆う難民問題と日本の対応 」

難民, 人権, 国際問題

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 世界人権デー企画「世界を覆う難民問題と日本の対応 」

世界人権デー企画「世界を覆う難民問題と日本の対応 」

最終更新日時:2015年11月24日 14:20 投稿作成日時:2015年11月24日 14:20

カテゴリー:国際協力,政治,アドボカシー・人権,移民・難民

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK
開催期間2015年12月11日~2015年12月11日
時間帯18:30~20:30
募集期間2015年11月24日~2015年12月12日
お申込方法メール
対象者難民問題・人権問題などに関心のある方。
料金1000
料金補足説明資料代
場所青山学院大学 6号館 第4会議室
住所東京都東京都渋谷区渋谷4-4-25
最寄り駅渋谷駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

国際連合設立70年目の今年、世界は、国際秩序を大きく動揺させる大規模な難民問題に直面することになりました。中東やアフリカから、絶えることのない人々の列が避難の地を求め、欧州に向かっています。この人類的難題に、国際社会の責任ある一員として、日本はどのように関わっていくべきなのでしょうか。難民問題に直面する欧州連合(EU)の外交官、そして日本の難民法実務の第一人者、シリア認定難民の方をゲストに招き、欧州の実情と日本の現状について、深く、多角的に思考をめぐらせてみましょう。ディスカッションでは、国際人権法の視点から難民問題に長く取り組んでおり、ヒューマンライツ・ナウ理事長でもある、阿部浩己氏がモデレーターを務めます。

◆プログラム◆

第1部 ゲストスピーカーによるトーク
<スピーカー>
-渡邉彰悟氏(弁護士)
-シリア認定難民 Y氏
-Wiktor Staniecki氏 (駐日欧州連合代表部)*逐次通訳有

第2部 ディスカッション・質疑応答

<モデレーター>
-阿部浩己氏(神奈川大学法科大学院教授/ヒューマンライツ・ナウ理事長)

◆申込方法◆

詳細URLのイベントページよりお申し込みください。

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
TEL03-3835-2110
FAX03-3834-1025
E-mailinfo@hrn.or.jp
担当者名伊藤和子

紹介メディア

pagetop