¡Viva ! スペイン語であなたの言葉をメキシコにプレゼント

東京, メキシコ, 人権, 女性, 国際協力

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • ¡Viva ! スペイン語であなたの言葉をメキシコにプレゼント

¡Viva ! スペイン語であなたの言葉をメキシコにプレゼント

最終更新日時:2015年12月04日 15:14 投稿作成日時:2015年12月04日 15:14

カテゴリー:女性,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
開催期間2015年12月12日~2015年12月12日
時間帯16:00~18:00
募集期間2015年12月12日~2015年12月12日
お申込方法不要
料金無料
場所アムネスティ日本 東京事務所
地図リンク外部リンク
住所東京都〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル 7F
最寄り駅新御茶ノ水駅・小川町駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

今、メキシコであなたのエールを待っている人がいます。

イェセニア・アルメンタさんは、3年前、メキシコ警察から15時間以上に及ぶ暴行と子どもへの脅迫を受け、殺人の罪を認めてしまいました。子どもたちとまた一緒に暮らせることを願い、今も獄中で闘い続けています。そんなイェセニアさんにエールのメッセージを届けませんか。

当日は、メキシコなどスペイン語圏の社会課題を、長年、追ってきたジャーナリスト・工藤律子さんを講師としてお招きします。スペイン語の暴言と励ましの言葉を学ぶとともに、メキシコでまん延する警察や軍などによる不当な暴力の実態とその背景についてもお伝えします。是非、ご参加ください♪


■工藤律子
1963年大阪府生まれ。ジャーナリスト。東京外国語大学地域研究研究科修士課程在籍中より、メキシコの貧困層の生活改善運動を研究するかたわら、フリーのジャーナリストとしてスペイン語圏を中心に取材活動を始める。その後、アジアにもフィールドを拡大。ストリートチルドレンをはじめとする子どもの問題や貧困、人権、社会運動に関わるテーマの取材が多い。

■おもなプログラム
◎ 工藤律子さんからお話を聞こう!
◎ スペイン語の暴言/励ましの言葉を学ぼう!
◎ スペイン語でイェセニアさんに応援メッセージを書こう!



プロフィール

名称公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
住所東京都 千代田区神田小川町 2-12-14  晴花ビル7階
TEL03-3518-6777
FAX03-3518-6778
E-mailinfo@amnesty.or.jp
担当者名庄司

紹介メディア

pagetop