週末は気仙沼。 ~海の仕事と人に出逢う旅2016~

東日本大震災, 気仙沼, 体験ツアー

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 週末は気仙沼。 ~海の仕事と人に出逢う旅2016~

週末は気仙沼。 ~海の仕事と人に出逢う旅2016~

最終更新日時:2015年12月23日 09:09 投稿作成日時:2015年12月23日 09:09

カテゴリー:災害支援

  • 受付状況:受付中
  • 地域:宮城県
ワンポイントチェック見学/体験プログラムあり
開催期間2016年1月30日~2016年1月31日
時間帯10:40~15:50
募集期間2015年12月23日~2016年1月15日
お申込方法メール, TEL
定員15名
料金1,7000円
料金補足説明1泊2日 現地集合/現地解散
◎現地交通費・宿泊費(夕/朝食付)、昼食代を含む
◎大人・子ども同料金
場所宮城県気仙沼市浦島地区
住所宮城県宮城県気仙沼市
最寄り駅気仙沼駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって大きな被害を受けた気仙沼市。震災から4年9月が経過し、高台移転の造成工事や土地のかさ上げ工事が進む一方で、未だ多くの人々が仮設住宅などで不便な暮らしを送りながら、復興に向け日々努力しています。日本国際ボランティアセンター(JVC)は震災直後に気仙沼市における支援活動を開始し、以来住民の生活再建を支える取組を継続してきました。
気仙沼市・四ヶ浜地域では、昔からワカメやコンブ、牡蠣、帆立貝などの養殖が盛んに行われてきました。今回の津波によって養殖のための道具や施設のほとんどが失われましたが、震災から時間が経つにつれ、多くの養殖業者が生業再開を果たしてきました。今回のツアーでは、養殖の作業体験を通じて、震災の影響を受けながらもたくましく養殖業を営む住民と交流します。また、水産加工場や海上の養殖施設を見学し、私達が普段何気なく手にする海産物がどのように育てられ、加工されているのかについて理解を深めます。
さらに、地元住民と地域を巡り、豊かな自然のなかで育まれてきた四ヶ浜地域の歴史や文化に触れるとともに、小学校での避難生活を体験した語り部から、東日本大震災の経験と教訓について話を聞きます。
震災を乗り越え海とともに生きる人々と出逢い、たくさんの魅力に触れることができる今回のツアー。皆さんも週末を気仙沼で過ごしてみませんか?

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL03-3834-2388
FAX03-3835-0519
E-mailinfo@ngo-jvc.net
担当者名大村

紹介メディア

pagetop