【APEX】アフタヌーンカフェ7月の会

イベント

熊本地震災害対応の募集ができます

【APEX】アフタヌーンカフェ7月の会

最終更新日時:2016年7月16日 15:55 投稿作成日時:2016年7月16日 15:55

カテゴリー:環境,国際協力

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック初心者歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2016年7月24日~2016年7月24日
時間帯14:00~17:30
募集期間2016年7月16日~2016年7月24日
お申込方法メール, TEL, インターネット, FAX
料金無料
場所APEX東京事務所
地図リンク外部リンク
住所東京都台東区根岸
最寄り駅JR鶯谷駅北口
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

アフタヌーンカフェは、APEXのボランティアグループの協力で行っている、東京事務所のオープンデイです。APEXの活動をご紹介したり、気になるトピックについて話し合うカフェ形式のイベントとなっております。
今回のアフタヌーンカフェでは、第1部でAPEXの目的や活動についてご紹介させていただくとともに、第2部の勉強会では、アジア初のノーベル経済学賞受賞者として知られている「アマルティア・セン」を取り上げます。インドネシアのコーヒーやお菓子をご用意しておりますので、どうぞお気軽にご参加ください。

★*アフタヌーンカフェ7月の会*★

▼プログラム
14:00-14:10 オープニング
14:10-15:10 第1部 APEX事業説明
          初めての方に、APEXの活動を分かりやすくご紹介します。
インドネシアのコーヒーを片手に、現地の活動をご覧ください。
          ご質問などもお気軽にどうぞ。       
15:10-15:20 休憩
15:20-16:35 第2部 グループスタディ「アマルティア・センに学ぶ開発の思想」
(内容)
今日、私たちが途上国開発を支援するにあたって、おろそかになりがちな問題に、何を目標に開発を行うかというものがあります。開発の目標とすべきは、所得の増加でしょうか、衛生的な水や食料、安全な住居の確保でしょうか。それとも、教育水準の上昇でしょうか。
インド出身の経済学者アマルティア・センは、人が選択できる生き方の幅をケイパビリティ(潜在能力)と呼び、開発は、それがじゅうぶん発揮できる自由が達成された度合いで評価されるべきだとしました。今回の勉強会では、センがこのように考えるようになった経緯を振り返り、ご参加の方々と、ケイパビリティアプローチから貧困問題を考えてみようと思います。  
16:35-16:45 休憩
16:45-17:30 第3部 スタッフミーティング(参加自由)
17:30 終了

※申し込みは、メール、電話またはFAXで、お名前とご連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。

プロフィール

名称APEX
住所東京都 台東区 根岸1-5-12 井上ビル
TEL03-3875-9286
FAX03-3875-9306
E-mailtokyo-office@apex-ngo.org
担当者名三木

紹介メディア

pagetop