世界人権デーイベント ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題~事件報告を中心に~

人権, ヘイトスピーチ

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • イベント
  • 世界人権デーイベント ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題~事件報告を中心に~

世界人権デーイベント ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題~事件報告を中心に~

最終更新日時:2016年11月29日 20:21 投稿作成日時:2016年11月29日 20:21

カテゴリー:法律,アドボカシー・人権,移民・難民

  • 受付状況:受付中
  • 地域:大阪府
開催期間2016年12月12日~2016年12月12日
時間帯18:30~20:30
募集期間2016年11月29日~2016年12月12日
お申込方法メール
料金500円
料金補足説明(資料代を含む)
場所エル・おおさか南館 7階734号室
住所大阪府大阪府大阪市中央区北浜東3-14
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

日本には人種差別を禁止する法律も、在日コリアンや被差別部落の人々といった不特定多数の人々に対する差別、
侮辱、憎悪の表明やその煽動を規制する法律もありませんでした。

「対象が多数なら、一人ひとりのこうむる被害は少ない」というのがその理由の一つとして挙げられていましたが、
2014年にヒューマンライツ・ナウ関西グループが行った在日コリアンへの聴き取り調査は、
それが事実でないことを明らかにしました。

それから2年。本年1月に大阪市ヘイト・スピーチ対処条例が成立し、さらに、本年5月に
「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消推進法」(いわゆるヘイト・スピーチ解消法)という法律が成立しました。

この間に、ヘイト・スピーチにまつわる様々な事件の裁判例も集積されました。
ヘイト・スピーチ規制はどこまで進み、いま何が足りないのか。
イベントでは、事件報告を中心に、ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題を振り返ってみます。

【登壇者】

 <大阪市ヘイト・スピーチ対処条例の活用と運用>

   田中 俊 さん

    (弁護士・ヘイト・スピーチを許さない大阪の会弁護団)

 <反ヘイト・スピーチ裁判報告>

   李 信恵 さん  (フリー・ライター)

 <フジ住宅ヘイト・ハラスメント裁判報告>

   村田 浩治 さん (弁護士・同裁判弁護団長)

プロフィール

名称特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
住所東京都 東京都台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原7F
TEL03-3835-2110
FAX03-3834-1025
E-mailinfo@hrn.or.jp
担当者名伊藤和子

紹介メディア

pagetop