1/14第19回ツキイチカフェ「フェアトレードと障害者問題への取り組みを考える」

国際協力, フェアトレード, 障害者, 精神障害

  • HOME
  • イベント
  • 1/14第19回ツキイチカフェ「フェアトレードと障害者問題への取り組みを考える」

1/14第19回ツキイチカフェ「フェアトレードと障害者問題への取り組みを考える」

最終更新日時:2016年12月13日 10:06 投稿作成日時:2016年12月13日 10:06

カテゴリー:国際協力,障害者,医療・薬品,雇用,フェアトレード

  • 受付状況:終了
  • 地域:京都府
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,1日だけでOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可
開催期間2017年1月14日~2017年1月14日
時間帯14:00~16:00
募集期間2016年12月13日~2016年12月20日
お申込方法メール, TEL, FAX
定員20名
対象者国際協力やフェアトレードに関心ある人、または障害者問題に関心ある人
料金社会人500円、学生300円
料金補足説明フェアトレード・コーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む
場所東山いきいき市民活動センター 和室
地図リンク外部リンク
住所京都府京都市東山区巽町442-9 東山いきいき市民活動センター
最寄り駅京阪電鉄「三条」駅、地下鉄東西線「三条京阪」駅
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

テーマ:フェアトレードと障害者問題への取り組みを考える」~ツキイチカフェのこれまでとこれから~
フェアトレード商品は熱い思いは分かるが質が悪く値段が高いという評価を払拭するため、百貨店で胸を張って販売できるフェアトレード商品の開発を目指してきたフェア・プラスは、高島屋などの百貨店や京都の老舗着物店での販売を実現してきました。フィリピンの生産者の人たちの暮らしの改善と物づくりの喜びを感じてもらうことを実現してきました。障害者の製品についても、百貨店で販売するスイーツや外国人観光客向けの京文化発信の製品を作ってきました。
常に目前の山に挑戦してきたフェア・プラスが、次の見えてきたより険しい山は?フェアトレードで実現できた村の人たちの暮らしを持続可能なものにするためには、障害者の人たちに対する私たちの心の中に残る偏見を取り去っていくためには、課題は続きます。
フェアトレード・コーヒーを飲みながら、みんなで話し合いたいと思います。この機会にフェアトレードや障害者の製品つくりについて学びたいという方も歓迎です。どうぞ気軽にご参加下さい。

司会・プレゼンター:河西 実(NPO法人フェア・プラス 常務理事・事務局長)
商社での営業を経験してきた河西は、商品のデザインも、お菓子作りも、生産も分からず、悪戦苦闘の連続でした。そんな時、いつも周囲の人たちの暖かいサポートにより、壁を乗り越えてきました。設立6年目を迎える2017年、フェア・プラスが社会に果たせる役割は何かを見つめていきたいと考えています。


プロフィール

名称NPO法人フェア・プラス
住所京都府
TEL075-525-0064
FAX075-525-0064
E-mailminorukasai@nifty.com
担当者名河西 実

紹介メディア

pagetop