モザンビーク開発を考える市民の会」学生事務局スタッフ(パートタイム)募集

求人, 国際協力

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • 職員募集
  • モザンビーク開発を考える市民の会」学生事務局スタッフ(パートタイム)募集

モザンビーク開発を考える市民の会」学生事務局スタッフ(パートタイム)募集

最終更新日時:2014年11月27日 16:53 投稿作成日時:2014年11月27日 16:53

カテゴリー:国際協力

  • 受付状況:受付中
募集期間2014年11月27日~2014年12月14日
定員1名
対象者1) 大学3年生以上
2) 国際協力や政策のアドボカシー活動に強い関心と興味を持ち、その改善に取り組みたいとの意欲を持っていること
3) 日本語・英語で読み書き、コミュニケーションが出来ること(ポルトガル語ができればなおよいが必須ではない)
4) 事務的なスキルが十分あること(ワード、エクセル、その他)
5) インターネットツールが問題なく使えること(Eメール、ブログ、FB等)
6) インターネットへのアクセス環境があること。(自宅での作業はインターネットを介して行います)
6) 機転がきき、事務を進んでこなし、「ほうれんそう」を怠らないこと
7) ノートパソコンがあると尚よし。(選考条件ではありません)
給与900円/時
就業形態アルバイト
職種事務系
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

当会は、「市民の視点からモザンビーク開発を考え、モザンビークの人びとにとってより良い発展を応援すること」を目的として、日本のアフリカ・モザンビークの研究者らによって、2012年12月に結成されました。これまで主に、モザンビーク北部(ナカラ回廊)で日本がブラジルと組んで実施してきた援助事業「プロサバンナ(日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発)」に関するアドボカシー(政策提言)を中心に、国内外のNGOや市民・研究者と協力し、活動してきました。

今回、この機能強化のために、2014年12月下旬(開始時期は応相談)より、パートタイムの学生事務局スタッフを1名配置したいと考えています。概要は以下の通りです。ふるってご応募下さい。

0. 職名:学生事務局スタッフ(パートタイム)

1. 勤務期間:2014年12月下旬~2014年6月下旬(6カ月間)
 *休暇期間の海外渡航や不在等についても相談に応じます。

2. 勤務時間:週10時間程度(*応相談)

3. 勤務場所:在宅(首都圏内)並びに週に1度の事務スペース(都内上野近辺)勤務を基本とする (状況に応じ、意見交換会の場[外務省、議員会館、講演会の場で業務を行う)
在宅作業・外回り業務の時間については応相談。

業務内容と応募方法については詳細URLを参照してください。

【本件のお問い合わせ】
モザンビーク開発を考える市民の会
〒183-0023東京都府中市朝日町3−11−1 東京外国語大学 舩田研究室気付け

プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL03-3834-2388
FAX03-3835-0519
E-mailinfo@ngo-jvc.net
担当者名大村

紹介メディア

pagetop