北海道浦河町地域おこし協力隊2名募集中!

まちづくり, 馬, 観光

熊本地震災害対応の募集ができます

北海道浦河町地域おこし協力隊2名募集中!

最終更新日時:2015年5月26日 16:23 投稿作成日時:2015年5月26日 16:23

カテゴリー:障害者,農業,その他

  • 受付状況:受付中
募集期間2015年5月26日~2015年6月02日
定員2名
対象者北海道浦河町では2名の地域おこし協力隊を募集します。
今年度募集するテーマは「移住促進」「馬」「観光」の3分野。
「馬がとにかく好き」「若者を地域に呼び込む取り組みがしてみたい」「観光PRをしてみたい」・・と熱意を持って、自身のスキルや得意分野を活かし取り組んでくださる方をお待ちしてます(テーマは選択制)
浦河町では現在3名の協力隊員が活動しています。
今年で3年目を迎える浦河町の地域おこし協力隊事業、
それぞれの隊員の活動は町の人々と共に新たなうねりを創りはじめています。
浦河町ではあなたのチャレンジに共感し、協力してくれる”仲間”がたくさんいます。
そんな浦河町で一緒に地域づくりに取り組む仲間をお待ちしております!
給与報償費17,0000円 別途通信費、車両費補助あり
就業形態嘱託職員
職種その他
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

◆業務内容
協力隊員は主に3つの活動テーマから、専門性・関心にあったテーマを選択して取り組んでいただきます。先輩協力隊員や民間企業と連携しながら、アイデア・行動力を活かして活動していただける方をお待ちしています。
もちろん、協力隊員が自由かつ孤立せずにポテンシャルを活かして活動に取り組むことができるように、中間支援組織・行政がサポートします。

【移住推進に関わる事業】
北海道各町が行っている体験移住プログラムの中でも高い人気を誇る浦河町。シェアハウスの運営やインターンシップなど移住推進に向けたプログラムの策定・実行。

【”馬”を活用したコンテンツの開発】
全国有数の競走馬の産地である浦河町。馬事資料館や乗馬公園といった町営の施設や、高齢者や障碍者を対象とした乗馬療育などの既存の資源を活用したコンテンツの開発・情報発信

【観光に関わる企画・実行】
先発の地域おこし協力隊によって体験型プログラムの開発などが進む浦河町。既存の隊員と協働連携を図りながら、観光ツアー企画の立案・実行などの現場のコーディネートや
観光PRや基盤整備など、地域の観光振興事業

◆任用期間
採用~平成28年3月末日。(7月上旬着任予定)
※ただし、最長で平成30年3月末まで延長の可能性があります。
 
◆勤務
勤務地 :浦河町役場
勤務時間:平日8時30分~17時15分(休憩1時間)
休日  :原則として土曜日、日曜日の週休2日、祝日
     年末年始休暇。

◆報償費など
・報償費:月額170,000円
・通信費助成:月額15,000円
・交通費助成:月額30,000円

◆応募方法
詳細ページをご覧ください。

【募集期間】
平成27年5月11日~6月21日(木)【書類必着】

●選考方法
書類選考後、面談により決定

◆お問い合わせ先
株式会社ユートライン 村下知宏
TEL:0146-22-5577
E-Mail:info■u-trine.jp
※浦河町では地域おこし協力隊の募集及び配置後の支援に係る業務の一部を、株式会社ユートラインに委託しています。

【詳細・条件に追記がございます。】

プロフィール

名称北海道 浦河町企画課
住所北海道
TEL0146-22-5577
FAX
E-mailinfo@u-trine.jp
担当者名村下知宏

紹介メディア

pagetop