ラオス事業 現地駐在員の募集をします

国際協力, 農業

熊本地震災害対応の募集ができます

ラオス事業 現地駐在員の募集をします

最終更新日時:2016年4月18日 14:33 投稿作成日時:2016年4月18日 14:33

カテゴリー:国際協力

  • 受付状況:終了
募集期間2016年4月18日~2016年5月10日
定員1名
対象者●募集条件

・必須条件
JVCの理念に共感できること
ラオスの文化習慣を尊重し、業務に必要なラオス語を習得すること
業務に必要な英語力があること(TOEIC850点またはそれに準ずる実力のあること)
コンピューターの基礎的な操作能力があること(ワード、エクセル、パワーポイントなど)
良好な健康状態

・望ましい条件
森林保全あるいは農村開発の業務経験があること
途上国での社会調査や事業評価経験があること
NGOや国際機関において2年以上の駐在経験があること
欧米援助機関やドナーとの協働/からの資金獲得経験があること
ラオス語ないしタイ語ができること
就業形態正職員
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

日本国際ボランティアセンター(JVC)のラオス事業では、下記の要領にて現地駐在員を募集します。ラオスの農村開発に現場で直接携わってみたいと思う方は、要項を熟読の上、ふるってご応募ください。

ラオス事業の詳細についてはラオス事業ページを参照してください。


●勤務地

ラオス人民民主共和国サワナケート県および東京事務所
※東京事務所にて1~2ヵ月の派遣前研修あり。現地赴任後は、年1回一時帰国し、東京事務所に2週間勤務する。


●担当業務内容

プロジェクトの運営管理/新規事業立案補助
人事管理を含めたラオス事務所運営管理
資金提供者、支援者に対する報告、申請書の作成
会計業務を含めた庶務・総務業務
ラオス政府、国際機関、二国間援助機関、NGOとの渉外、ネットワーク構築

●待遇

JVC規約、およびJVCラオス規約による。社会保険完備。
※採用後4ヵ月は試用期間。契約は1年ごとの更新。駐在期間は3年程度を目途に、さらに延長、あるいは東京事務所を含めた他の事務所での勤務の可能性あり。

●勤務開始

2016年5月(予定)

●応募方法

所定の応募用紙に記入の上、応募動機作文(1,000字程度)を添えてお申し込みください。書類審査通過者には1~2回の面接を行います。審査の結果はおってお知らせいたします。なお、提出された資料はJVCの個人情報保護方針に則って扱います。応募書類はお返しいたしません。


●連絡先

特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
担当:ラオス事業 木村
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne 秋葉原6F
TEL: 03-3834-2388 / FAX: 03-3835-0519


プロフィール

名称日本国際ボランティアセンター
住所東京都 台東区上野 5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F
TEL03-3834-2388
FAX03-3835-0519
E-mailinfo@ngo-jvc.net
担当者名大村

紹介メディア

pagetop