受付中みやぎ復興応援隊サポートプロジェクト 被災地の地域づくりのタネとなる人を支える、仕事人募集!

最終更新日時:2012年12月19日 12:05/投稿作成日時:2012年12月19日 12:05

カテゴリ:教育,災害支援,雇用,政治,その他

地域

ワンポイントチェック

開催期間時間帯
募集期間2012年12月19日~-0001年11月30日お申込み方法
定員1料金
対象者
■こんな人を待ってます! ・性別問わず、明るくはつらつとした、笑顔の素敵な方。 ・復興に関わる多様な方々と丁寧なコミュニケーションを重ね、信頼関係を築いた上で行動が出来る方。 ・現場の動向から次のアクションを創造的に組み立て、自発的に取り組むことのできる方。 ・フットワーク軽く変化する状況を捉え、社内外の多様なステークホルダーと協働し柔軟に対応する事のできる方。 ・“上から目線”ではなく、学ばさせていただく姿勢で地域やその他のステークホルダーと関わることのできる方。 ・右腕の期間終了後も宮城県において、復興の担い手(セクター問わず)になって頂ける方。 ・事務局実務(総務、会計ほか)をある程度バランスよくこなせる方。
料金補足説明
場所地図リンク
住所最寄り駅
場所補足説明詳細リンク

担当者からのコメント

■活動サマリー
みやぎ連携復興センターでは、東日本大震災からの地域主導の自律的な復興とまちづくりの実現を目指し、主に宮城県全域において、各セクターの担い手同士の連携・協働を促進させるための「つなぐ事業」を展開してきました。

2012年より、被災者の見守りやケア、地域おこし活動の支援などの復興に伴う地域協力活動を通じコミュニティの再構築を図る「総務省地域復興支援員制度」がスタートしました。宮城県においても同制度を活用した「みやぎ復興応援隊」が結成され、各市町を単位にさまざまな活動を展開しています。

みやぎ連携復興センターでは、「つなぐ事業」の一環として、宮城県内各地で被災地に寄り添い活動する「みやぎ復興応援隊」へのサポートプロジェクトを開始します。具体的には、みやぎ復興応援隊や受け入れ団体・行政を対象とした県域のネットワーク形成を目的とした研修の場づくりやWEB等の媒体を利用した情報共有・発信支援、また、まだみやぎ復興応援隊事業に取り組んでいない地域へ向けた広報などの取り組みです。

本プロジェクトを通じて、宮城県内で自発的に地域を支える人材・団体を発掘・育成し、自治体以外の新たな公共の担い手を生み出すことを目指します。

■業務内容
・応援隊サポートのコーディネート
-各市町ごとの復興応援隊事業の進捗状況の確認し、アドバイザーの派遣や合同研修などのリソースを用い、そこで起きている課題解決や交流の機会づくりなど、適切なサポートを実施

・応援隊広報のコーディネート
-みやぎ復興応援隊事業に関する情報をHPなどのツールを活かし発信

・事業周知のための報告会のコーディネート
-みやぎ復興応援隊を設置していない自治体やNPOを対象に、本事業の説明や事例共有を通し、有効的な活用に向けたサポートを実施

■条件
●期間:3カ月以上
●勤務地:宮城県仙台市
●活動支援金:100,000~150,000円/月(委細面談)
→ETIC.震災復興リーダー支援基金より支給
●交通費:上限15,000円まで
●生活支援:宿泊場所なし、住宅手当なし、食事手当なし、現地交通費支給あり
●その他:継続雇用の可能性あり

プロフィール

名称
住所東京都
Tel03-5784-2115
E-mailtasuku.yamanaka@etic.or.jp
担当者名山中

紹介メディア

紹介メディア

pagetop