受付中みちのく絆めぐり石巻復興スタディーツアー(仙台駅集合・解散)

最終更新日時:2012年12月30日 18:59/投稿作成日時:2013年1月10日 01:32

地域:宮城県

カテゴリ:災害支援,学習ワークキャンプ

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,友人と一緒に参加可

開催期間2013年1月26日~2013年1月27日
時間帯
募集期間-0001年11月30日~2013年1月18日
お申込み方法メール, FAX
定員41名(最少催行人数:25名)
対象者
18歳以上の健康な方ならどなたでも。 ★長時間の徒歩移動もありますので、高齢の方、健康に不安のある方は医師にご相談の上、お申し込みください。 ★ボランティア活動のないツアーのため、ボランティア保険の加入の必要はありません。旅行代金に旅行保険代が含まれます。
料金補足説明
1日目夕食・2日目朝食・旅行保険込
場所宮城県石巻市
地図リンク
住所宮城県石巻市、牡鹿郡女川町
最寄り駅
場所補足説明
詳細リンク

担当者からのコメント

1月26日(土)~27日(日)、ボランティアステーションと「一般社団法人 ISHINOMAKI 2.0」協賛のもと、石巻市の旅行会社「富士ツーリスト(株)」主催により、石巻・女川を巡る復興スタディーツアーを実施します。

石巻の復興の現在に触れるため、石巻の商店街のエクスカーション(ガイド付き視察)や、街の住民の方々から直接お話をうかがえる機会をご用意しました。参加者みんなで町の人々と語り合い、今、わたしたちに何ができるかを考えるツアーです。

石巻商店街エクスカーションでは、ピースボートセンターいしのまきをはじめとし、石巻で活動する主要なボランティア団体を巡る「ボランティアの現在」コース、石巻から江戸へ千石船でお米を運んでいた時代からの老舗の陶器店「観慶丸」をはじめ街の歴史を紹介する「石巻の歴史」コース、ヤフー株式会社の復興支援拠点「Yahoo!石巻復興ベース」や2012年11月にオープンしたばかりの「石ノ森萬画館」を巡る「まちづくりの今」の3コースに分かれ、それぞれ街の「これまで」と「現在」を発見していきます。
その後、石巻の復興に向けて、地元の方の講演や、参加者同士によるディスカッションを予定しています。

2日目は女川にも訪問し、布草履の生産・販売を通じ住民の支援をしているママサポーターズの工房「うみねこハウス」や、震災後いち早く営業を再開し、地元住民にも愛されている蒲鉾の「高政」などを訪れる予定です。

宿泊先は、女川に12/27にオープンしたばかり、被災地初の大型トレーラーハウス宿泊所「El Faro(エル・ファロ)」です。

年明け最初の復興スタディーツアー、みなさまふるってご参加下さい!

プロフィール

名称
住所神奈川県 横浜市神奈川区鶴屋町 2-24-2 かながわ県民センター 11階
Tel045-312-1121
E-mailinfo@ksvn.jp
担当者名事務局

紹介メディア

紹介メディア

pagetop