屋久島町後援!世界遺産の島のリアルと本音を体験しよう

ボランティア, 屋久杉, 農業, 出会い, 経験

熊本地震災害対応の募集ができます

屋久島町後援!世界遺産の島のリアルと本音を体験しよう

最終更新日時:2013年12月18日 00:01 投稿作成日時:2013年12月18日 00:01

カテゴリー:教育,医療・薬品,農業,学習ワークキャンプ

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック午後6時以降からでもOK,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,参加無料,友人と一緒に参加可
開催期間2013年12月23日~2013年12月23日
時間帯17:00~19:30
募集期間2013年12月17日~2013年12月24日
お申込方法メール, TEL, インターネット, 不要
定員15名
対象者学生(小学生から大学生まで幅広く)
料金無料
場所HIS新宿本社
住所東京都 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル1・9階
最寄り駅新宿
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

スタディツアーの説明会開きます!

「何かをしたいけど、どうすればいいかわからない」「何かをしたいけど、人間関係に自信がなくてできない」
「せっかくいい出会いがあっても、うまく活かせる自信がない」
「あと一歩が踏み出せない」

そんな中学生、高校生にとって『決定的なきっかけ』となるツアーです。

屋久島は日本初の世界自然遺産であり、水力でエネルギーを自足するほどの豊富な水と豊かな資源、そして様々な課題に直面しながら日々の生活を営む人たちがいます。

屋久杉などの有名な観光資源だけではなぐ、製材業や町役場、たんかん農家、 首折れサバ漁、トビウオ漁などの独特で魅力的な営みの「現場」も、屋久島の需要な資源なのです。

一通りの観光でなく、そんな「現場」で何を見るのか、何をするのか、何を考えるのか。参加者の皆さん自身で考えて、そしてボランティアや体験、課題解決、実行して頂くのが、本ツアーの最大の特徴です。

例えば地元の方々と一緒に農作業を手伝ったり、漁網を直したり。
また、参加者の皆さん次第で、廃校跡地の跡地利用策や、観光の影響でダメージを受けている屋久杉など自然保護問題への提案や話し合いなど、地域の課題に直接関わることも可能です。

「島のことを知って欲しい」と言う熱い気持ちから、ツアー参加者に島の生の姿を体験出来るよう、現場の方々の協力や屋久島町、教育委員会の後援を頂いて作られた、とても貴重な機会です。

自分が何が出来るかを考え、自分でやってみて、その結果を自分で感じとる。たった数日の間に、自分がビックリするぐらい積極的になって、友達が増えて、自分にも何か出来るんじゃないかと思えてくる。

2014年の春、皆さんも屋久島で自分の道を見つけてみませんか?

日程 2014年3月26日-30日
費用 13万円程度

アドベンチャー本部とは?
代表である形成外科医「たかしくん」こと中川 崇が、国際医療や震災支援、教育現場で様々な個人や団体と関わった経験を活かして様々な現場と人を体験を通してつなげるムーブメントです。

プロフィール

名称アドベンチャー部
住所東京都
TEL080-6398-7017
FAX
E-mailluster_on_my.elt@ezweb.ne.jp
担当者名なかがわたかし

紹介メディア

pagetop