【現地発着】マレーシア・ペナン 沿岸小漁民とマングローブを植える旅 2015

アジア, マングローブ, 植林, 歴史, グルメ

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • スタディツアー
  • 【現地発着】マレーシア・ペナン 沿岸小漁民とマングローブを植える旅 2015

【現地発着】マレーシア・ペナン 沿岸小漁民とマングローブを植える旅 2015

最終更新日時:2015年10月08日 12:07 投稿作成日時:2015年10月08日 12:07

カテゴリー:環境,国際協力,文化・アート,歴史・伝統,宗教,食品,アドボカシー・人権

  • 受付状況:受付中
  • 地域:海外
ワンポイントチェック学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,外国語と触れ合える,友人と一緒に参加可
開催期間2015年12月26日~2015年12月30日
募集期間2015年10月08日~2015年11月30日
お申込方法メール, TEL, インターネット
定員最少催行人数:5名
料金85,000円
料金補足説明(現地集合/全行程宿泊費、食費、全行程移動費含む)
開催国マレーシア
場所ペナン州
住所海外
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

マレーシアの北西部、ペナン。世界遺産になったジョージタウンには、マラッカ海峡を渡ってきた中華系、インド系をはじめとする多民族の人びとの文化と歴史が凝縮されています。

一方、伝統的な小舟での漁法を生業にしてきたマレー系漁民たちは、開発によって失われた漁場を回復するためにマングローブの植林を始めました。

ペナンの歴史と食文化に触れながら、小規模漁民の人たちと一緒に、マングローブの種子を集め、植林し、自然と人の共生を考える旅です。同時に、現地NGOを訪ねて話を聞き、多民族社会が抱える現在の社会問題についても理解を深めます。

◆ ツアーのポイント
 ★ 多民族社会ペナンで、多様な文化に触れられる!
 ★ マレーシアの漁民グループとマングローブを植林!
 ★ 漁民グループや女性グループから直接話が聞ける!
 ★ 多様な食事を満喫!(マレー系、中華系、ババニョニャ料理、タミルカレーなど)
 ★ 現地で集合・解散
 ★ 日本語通訳付き
 ★ お一人様でのご参加も大歓迎!

◆ ペナンで活動する漁民団体PIFWA

沿岸零細漁民自らが組織するPIFWA(Penang Inshore Fishermen Welfare Association)は、漁民の自助組織として形成された団体です。漁場の環境を守り、漁獲量を回復することを目指して、ペナン州内でのマングローブ植林活動を1990年代初頭から行っています。

◆ 旅行企画・実施
株式会社ピース・イン・ツアー
観光庁長官登録旅行業第1917号 (社)日本旅行業協会(JATA)正会員
〒162‐0042 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
総合旅行業務取扱管理者 松永充弘

◆ お申込み・お問い合わせ
現地プログラム企画: 特定非営利活動法人 パルシック
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル1F
Tel:03-3253-8990 Fax:03-6206-8906

プロフィール

名称パルシック
住所東京都 千代田区神田淡路町 1-7-11 東洋ビル1階
TEL03-3253-8990
FAX03-6206-8906
E-mailoffice@parcic.org
担当者名東京事務所担当者

紹介メディア

pagetop