2016年春フィリピンで活動を手助けしていただけませんか?

スタディツアー, フィリピン, 学用品, 古着, 体験入校

熊本地震災害対応の募集ができます

2016年春フィリピンで活動を手助けしていただけませんか?

最終更新日時:2016年1月17日 17:38 投稿作成日時:2016年1月17日 22:04

カテゴリー:国際協力,子供

  • 受付状況:受付中
  • 地域:海外
ワンポイントチェック初心者歓迎!,学生さん歓迎!
開催期間2016年2月24日~2016年3月09日
募集期間2016年1月17日~2016年2月10日
お申込方法メール, TEL, FAX, 郵送
定員若干名(先着順)
対象者15歳以上
なお最小催行人員は設けておりません。
料金90,000
料金補足説明○ 費用に含まれるもの:集合場所から解散場所までのフィリピン国内移動費用、宿泊費、食費(おやつ、飲料水等を含む)、洗濯(ヌエバビズカヤ州のみ)の役務費、トイレットペーパー等の衛生費(トイレに紙が無いことが多いため)、現地小学校体験入校費、その他自主プログラムを除くプログラム経費
○ 費用に含まれないもの:往復航空運賃、航空保険料、空港使用料(成田、マニラ)、パスポート取得費、成田までの往復交通費、海外旅行保険(必ず加入してください。)、自主プログラムの教材等、その他個人的なもの。
開催国フィリピン
場所フィリピン
住所海外
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

内容詳細【日程】
一次   2016年2月24日(水)~3月 9日(水)
二次   2016年3月 9日(水)~3月23日(水)

申し込み締め切り】
一次   2016年2月10日(水)
二次   2016年2月17日(水)
上記の日にち、または応募が定員に達した場合等は申し込みを締め切ります。

【活動内容等】
小学校及び貧困地区において生活に困っている児童等に対して日本で不用となった学用品等を配布します。
可能ならば、学用品等をフィリピンまで運んでいただきます。
また、子どもたちとの交流を図るため、小学校に体験入校するプログラムがあります。語学に自信のない人、何を話してよいのか分からない人でも、現地の子供達から積極的に話しかけて来ますので、彼らと交流を図ることができると思います。
体験入校の中に折り紙または、大なわを子どもたちに教える等の交流型のボランティア活動を企画し、実施するという自主プログラムの時間が用意されています。なお自主プログラムは強制ではありません。
さらに、現地の人たちに手伝ってもらい、ささやかな昼食会等を実施します。
最終日にはマニラにある世界遺産のサン・アグスチン教会、ショピングモール等の見学があります。
15日間ですので、十分な交流を行うことは難しいですが、ある程度はできると思います。

プロフィール

名称TALEK
住所東京都 調布市 八雲台1-22-10
TEL042-483-3117
FAX042-483-3117
E-mailtalekjapan@yahoo.co.jp
担当者名五十嵐敏夫

紹介メディア

pagetop