2016年度「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」

農薬, ネオニコチノイド, 生物多様性, 里山, 有害物質

熊本地震災害対応の募集ができます

2016年度「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」

最終更新日時:2015年12月07日 14:58 投稿作成日時:2015年12月07日 14:58

カテゴリー:環境,農業

  • 受付状況:受付中
募集期間2015年12月07日~2016年1月29日
対象者ネオニコチノイド系農薬(およびフィプロニル)に関する問題提起や、使用の削減ないし中止に取り組む個人および団体(ボランティアグループ、NPO/NGO、公益法人、研究機関、生産者など。地域、法人格、活動実績は不問)
助成金金額総額300万円
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

一般にはまだあまり知られないまま、お米から果物まで、ときには「減農薬」の切り札として用いられ、シロアリ駆除剤や防虫剤として身近な暮らしにも入り込んでいるネオニコチノイド系化合物(およびフィプロニル)――。その強い神経毒性・浸透性・残留性から、ミツバチの大量失踪が示唆するように生態系と生物多様性全体を脅かすばかりか、子どもたちの脳の発達にも悪影響をおよぼす可能性が指摘されています。
EUでの使用禁止措置をはじめ世界的に研究や規制が進んでいますが、日本では各地で民間の削減努力が生まれつつある一方、全体的にはいまなお規制緩和の方向です。
本助成は、個人・団体を問わず、問題解決に向けた市民による効果的な取り組みを支援します。地域を変える、国を動かす、世界とつながるアクションを、まずは一人ひとりの力で始めてみませんか。積極的なご応募をお待ちしております。

1.応募資格: ネオニコチノイド系農薬(およびフィプロニル)に関する問題提起や、使用の削減ないし中止に取り組む個人および団体(ボランティアグループ、NPO/NGO、公益法人、研究機関、生産者など。地域、法人格、活動実績は不問)

2.助成金額: 総額300万円
a) 調査・研究部門 (合計 100万円)
b) 広報・社会訴求部門(合計 100万円)
c) 市場“緑化”部門 (合計 50万円)
d) 政策提言部門(合計 50万円)

3.助成対象期間: 2016年 4月1日~2017年 3月31日の間に実施される活動

4.応募受付期間: 2015年12月7日(月)~2016年1月29日(金)消印有効

プロフィール

名称アクト・ビヨンド・トラスト
住所東京都
TEL070-6551-9266
FAX
E-mailgrant@actbeyondtrust.org
担当者名星川 淳

紹介メディア

pagetop