【第19回:春休み親子で震災ボランティア体験in宮城県山元町】 小・中学生参加OK!

東日本大震災, ボランティアバス, 親子で震災ボランティア, 小学生・中学生参加OK, 東京

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • ボランティアバス
  • 【第19回:春休み親子で震災ボランティア体験in宮城県山元町】 小・中学生参加OK!

【第19回:春休み親子で震災ボランティア体験in宮城県山元町】 小・中学生参加OK!

最終更新日時:2015年2月19日 02:53 投稿作成日時:2015年2月19日 02:53

カテゴリー:災害支援,農業

  • 受付状況:受付中
  • 地域:宮城県
開催期間2015年3月27日~2015年3月28日
募集期間2015年2月19日~2015年3月26日
お申込方法メール
定員40名
対象者小学生以上。小・中学生は保護者同伴。高校生は保護者同意書提出。親子でなくても参加大歓迎です。
料金参加費 :一般9,500円 NPO会員7,000円。
料金補足説明会の趣旨に賛同して、年会費3,000円を払って頂いている方がNPO会員です。参加費が会員価格になります。
※参加費に含まれるもの、往復交通費、昼食、入浴料、保険料(最低限です、ボランティア保険に入られる事を推奨します。社会福祉協議会で入れます。各自治体でお聞き下さい。)

場所宮城県山元町:農地
住所宮城県宮城県山元町
場所補足説明被災農家:斎藤さんの農地
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

【この光景を、この体験を、次の世代に語り継いでいくことが私たちの責務。】

2015年2月17日(火曜日)に2回の大きな地震がありました。 4年経過しても、東日本大震災の余震だそうです。未だに収まらない余震。いかにM9.0の東日本大震災の地震のエネルギーが大きかったかを物語っているように思います。もう一度、心を引き締めたいですね。
ボラバスは今回で19回目です。『災害は忘れた頃にやってくる。』と言います、親子でボランティアを行い被災地を体験して、いざという時の心の備えをして頂きたいと思います。

○避難生活者数 233,512人※仮設住宅、民間・公営住宅、避難所、知人宅等の合算 12/11現在。(復興庁調べ。)

※東日本大震災から3年11ヶ月。ですが、まだまだ支援が必要な状況です。
グリーン・グリーンでは、「顔の見える支援」「心の交流」をスローガンに、 ボランティアバスを運行しています。「子どもたちが参加できる、震災ボランティアバスを企画しよう!」と始めてから、 この3月で19回目の開催です。 被災地の光景を、復興の体験を、子どもたちに伝えるために、親子ボラバスにご参加ください。 親子でなくてもOKです。
趣旨にご賛同の上、ご参加宜しくお願いいたします。

ボランティアバスにて。
3月27日(金) 21:00四街道駅南口出発 JR 21:30西船橋駅南口NTT前22:00 JR錦糸町駅北口錦糸公園前経由で宮城県山元町へ(夜行)
3月28日(土)早朝中浜小学校視察、午後1時まで農家でボランティア活動。温浴施設で入浴後、帰路に21:00錦糸町・西船橋22:00四街道へ。(夜着)

作業内容:被災された農家の再建支援。

プロフィール

名称東京災害ボランティア グリーン・グリーン
住所東京都 葛飾区
TEL03-6318-0011
FAX03-6318-0011
E-mailnpogreengreen@yahoo.co.jp
担当者名木下史典

紹介メディア

pagetop