5月8日(金・深夜)~10日 ボラバス「南相馬&南三陸号」・関東発・関西・名古屋発

ボランティアバス, ボラバス, 南三陸, 漁業支援, 復興支援

熊本地震災害対応の募集ができます

  • HOME
  • ボランティアバス
  • 5月8日(金・深夜)~10日 ボラバス「南相馬&南三陸号」・関東発・関西・名古屋発

5月8日(金・深夜)~10日 ボラバス「南相馬&南三陸号」・関東発・関西・名古屋発

最終更新日時:2015年4月14日 16:05 投稿作成日時:2015年4月14日 16:05

カテゴリー:環境,農業,その他

  • 受付状況:受付中
  • 地域:宮城県
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,短期可,友人と一緒に参加可
開催期間2015年5月08日~2015年5月10日
時間帯23:40~22:30
募集期間2015年4月14日~2015年5月04日
お申込方法メール, インターネット
定員20名
料金3900~5000円
料金補足説明宿泊費は別途2700円、入浴と寝具が含まれます。

飲食費は各自の支払いとなります。
場所福島県南相馬市、宮城県南三陸町
住所宮城県
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

■ 集合・解散場所は、新宿駅西口と南浦和駅です。
・関西・名古屋発着は、こちらで手配する高速バスにて新宿乗換えです。
・横浜市青葉区役所駐車場に自家用車を駐車し、乗り換えることも可能です。
(徒歩でも可能です。東急田園都市線市が尾駅徒歩10分)

■ 活動内容、1日目と2日目で活動場所が変わります。


●一日目
南相馬市ボランティア活動センターの指示により、復興支援活動。

現地では、原子力発電所事故の影響により、震災後に手つかずのままの住宅が多数あります。除染が進み、人体に影響のない状態になっているものの、帰還準備のままとなっています。この時期にボランティアは減少して、現地ボランティアセンターにも、(被災された方からの)依頼が溜まっている状況です。

これから、本格的に帰宅するための準備として、津波被害を受けたままの地区や、4年間放置され、雑草や竹の生い茂る地区が多くあります。

●二日目
土曜日から日曜日にかけて、南三陸町の宿泊施設に宿泊します。

南三陸町では、時間的な制約もありますので、ボランティア活動は限られたものになるとは思いますが、遠くから来ていただく方が居るだけで現地で復興に頑張っておられる方の励みになります。

漁師体験に参加される方は、別途参加費が必要になりますが、ワカメ漁やホタテ養殖の体験や説明を受けられる予定です。

耕作放棄地の畑の手入れなど、何かしらのお手伝いをさせていただきたいと思って計画しています。

活動以外にも、復興商店街での買い物や郷土料理の昼食で震災・災害について知見を深めていただき、三陸の特産や食べ物で、皆さんが地元に戻ってからの広告塔になっていただきたいと考えています。


■ 申し込み・お問い合わせは、ホームページよりお願いします。
返信に時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。
しばらく経っても、返信がない場合は、迷惑メール等をご確認いただき、再度ご連絡ください。

また、Eメールでも受け付けています。

お名前
年齢
メールアドレス
電話番号
ご参加希望日(出発日)
ボランティア保険の加入状況

以上を明記してください。折り返し連絡いたします。

プロフィール

名称ボランティアバス関東
住所神奈川県 横浜市
TEL0
FAX
E-mailvolunteer_bus@yahoo.co.jp
担当者名津田 敏明

紹介メディア

pagetop