受付中10月23日(金)夜~25(日)ボラバス「南相馬号」新宿駅発着・南浦和発

最終更新日時:2015年9月29日 00:46/投稿作成日時:2015年9月29日 00:46

地域:福島県

カテゴリ:災害支援,その他

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,短期可,友人と一緒に参加可

開催期間2015年10月23日~2015年10月25日
時間帯23:40~22:00
募集期間2015年9月29日~2015年10月20日
お申込み方法メール, インターネット
定員20名
対象者
料金補足説明
参加費用には、バス往復・バス搭乗者傷害保険が含まれています。 宿泊費用はかかりません。 ボランティア活動保険・作業後の入浴代(200円)、各自調達の飲食費は別となります。
場所福島県南相馬市
地図リンク
住所福島県
最寄り駅
場所補足説明
詳細リンク

詳細/内容

■ 集合・解散場所は、新宿駅西口と南浦和駅(乗車のみ)、横浜市内(横浜市青葉区駐車場・東急田園都市線市が尾駅)で乗降可能です。
・ 帰路は、つくばエクスプレス線の八潮駅での降車ができます。

■ 活動内容

・南相馬市ボランティア活動センターの指示により、復興支援活動。

現地では、原子力発電所事故の影響により、震災後に手つかずのままの住宅が多数あります。
除染が進み、人体に影響のない状態になっていて、避難指示解除が進んでいます。そして、これからが復興の第一歩という時期なのにボランティアは減少して、現地ボランティアセンターにも、(被災された方からの)依頼が溜まっている状況です。

これから、本格的に帰宅するための準備をするべき地域なのですが、津波被害を受けたままの地区や、4年間放置され、雑草や竹の生い茂る地区が多くあります。
そのような状況下で、被災地の風化が急速に進んでいるのを実感されています。

~以下引用~
活動場所の南相馬市小高区は福島第1原発から20k圏内「避難指示解除準備区域」です。まだ被災者は帰還できません。
復興の1歩すら始まっていません。これから帰還して復興に向う準備段階なのに
風化により社会・日本から忘れられようとしている。
一体風化って何なんだ!と最近強く思います。

そのような状況から、少しでも現地に足を運んでいただくために、ボランティアバスを実施することにしました。

ご協力をお願いいたします。


■ 申し込み・お問い合わせは、ホームページの「応募フォーム」よりお願いします。返信までに時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。
しばらく経っても、返信がない場合は、迷惑メール等をご確認いただき、再度ご連絡ください。

プロフィール

名称
住所神奈川県
Tel0
E-mailt787900@gmail.com
担当者名津田 敏明

紹介メディア

紹介メディア

pagetop