小泉自然楽校春期プログラム〈減災体験合宿・避難所体験合宿〉

復興支援ボランティア, 震災ボランティア, 東日本大震災, 気仙沼市, 小泉自然楽校

  • HOME
  • ボランティア
  • 小泉自然楽校春期プログラム〈減災体験合宿・避難所体験合宿〉

小泉自然楽校春期プログラム〈減災体験合宿・避難所体験合宿〉

最終更新日時:2014年2月02日 16:36 投稿作成日時:2014年2月02日 16:36

カテゴリー:災害支援

  • 受付状況:受付中
  • 地域:宮城県
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,初心者歓迎!,学生さん歓迎!,短期可,長期可,友人と一緒に参加可
開催期間2014年2月01日~2014年3月31日
募集期間2014年2月01日~2014年3月31日
お申込方法メール
対象者・平成25年4月1日現在、満15歳以上(高校生以上)の方で心身共に健康な方
・未成年者は、保護者の承諾書を活動時に提出できる方
・互助ボランティアに理解があり、災害復興志縁ボランティア活動に関心のある方
・現地集合、現地解散できる方
料金<滞在料金> 滞在費…2,000円/日、食材費…1500円/日、灯油代…200円/日
場所小泉自然楽校
住所宮城県〒988-0321気仙沼市本吉町小浜小泉自然楽校
最寄り駅陸前小泉駅(BRT) 事務所まで徒歩1分程度。原則「陸前小泉駅」集合解散です。(気仙沼駅、くりこま高原駅、仙台駅送迎希望者相談可能(有料))
場所補足説明小泉自然楽校とは、宮城県気仙沼市本吉町小泉地区の海、里山、森を活用した自然楽校、世界でここにしかない「減災体験合宿・避難所体験合宿」が経験できる自然共生キャンプ場です。
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

「減災体験合宿・避難所体験合宿」

<期間> 2/8-3/31の間、一日以上一ヶ月以内
<条件> 滞在中は小泉自然楽校内ドームハウスへの宿泊が前提です。
<代表コメント> 3.11、この日だけは、日常の柵から一歩引いて、自分の事としてきちんと向き合って頂きたいと考えています。東日本大震災での多くの無念を東北だけの事に留めず、これからの日本全体の事として考えなければ、次の災害に備える「生きる力」が理解されずに多くの悲劇を繰り返す事になります。

2011.3.11被災者がどれだけ過酷な環境に身を置かねばならなかったのかを理解する一つの手段として、小泉自然楽校に滞在して頂きます。ここでの「減災体験、避難所体験」を通じて、非日常の生活を体験し、自らの経験を通して学んで頂き、災害時の生きる術を身に着けて頂く事で次の災害に「備える力」「生きる力」を身に着ける事ができると考えます。

<お申込み・お問い合わせ>
参加希望、またご不明な点がございましたら、担当者芝原のアドレスに連絡をお願いします。

<事務所プロフィール>
名称:東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城
住所:〒988-0333 宮城県 気仙沼市本吉町平貝8-3
電話・FAX:0226-25-7174

プロフィール

名称東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城
住所宮城県
TEL0226-25-7174
FAX
E-mailrina.s1203@docomo.ne.jp
担当者名芝原 里奈

紹介メディア

pagetop