【急募 翻訳ボランティア】被災地母子家庭支援

被災地, 子ども, 母子家庭, 子育て, 東京

【急募 翻訳ボランティア】被災地母子家庭支援

最終更新日時:2015年3月12日 10:27 投稿作成日時:2015年3月12日 10:36

カテゴリー:子供,災害支援,女性

  • 受付状況:受付中
  • 地域:東京都
ワンポイントチェック土・日のみの参加が可能,午後6時以降からでもOK,自宅でできる活動,1日だけでOK,学生さん歓迎!,見学/体験プログラムあり,参加無料,短期可,長期可,友人と一緒に参加可
開催期間2015年3月12日~2015年3月31日
募集期間2015年3月12日~2015年3月31日
お申込方法メール, TEL
場所在宅可能
住所東京都
詳細リンク外部リンク

担当者からのコメント

英文サイト制作に伴い、翻訳をしてくださるボランティアがいなくて困っています。
3.11の被災地の母子家庭の支援をしております。
被災地の母子家庭の貧困は深刻で、子ども三人いて三年間一日一食生活が続いていたというご家庭や、パートを三つ掛け持ちしている、子どもの服や靴も買えない、収入4万で子育て・仕事・介護を一人で頑張っているお母さんなど、想像を絶するような状況が続いています。今でもそういったご家庭にはほとんど支援がなく、マザーリンクではフードバンクと連携し、食糧支援などを続けています。

翻訳をお願いしたい内容は例えば、以下のようなものになります。
一部のみでもご協力いただければ助かります。
他のページもあるので、詳しくはお問合せください。

(1)
マザーリンク・ジャパンは、震災後に活動を始めた団体です。

いつの時代でも、どこに生まれても
全ての子どもにとって、子ども時代が幸せなものであるように。
母親であることに幸福感を感じ、誇りを持てる社会であるように。

という理念のもと、活動を続けてまいります。

(2)
マザーリンク・ジャパンでは、復興支援活動として、
今でも、

◾仮設住宅に住む、母子家庭・父子家庭・里親家庭への支援
◾特に貧困母子家庭への支援

に取り組んでいます。

これまでも、

◾孤独を防ぐ活動『一緒にごはん!プロジェクト』
◾仮設住宅代表者に対しての支援
◾仮設住宅入居者への生活支援や自立支援

などに取り組んできました。

3.11の被災地ではまだまだ支援が必要です。
活動を継続するためにも、
ボランティアスタッフや、支援金が必要です。
これらは、当団体の運営を支える基盤となります。

皆さま、是非ご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------
参考のURLは随分前の者で更新はしていませんので、
実際に翻訳していただく文章とは違います。

プロフィール

名称 特定非営利活動法人マザーリンク・ジャパン
住所東京都 渋谷区 桜丘町15-8 桜丘ビリジアン601
TEL090-3336-3662
FAX
E-mailvolunteer@motherlink-japan.org
担当者名横山剛志

紹介メディア

pagetop