【第24回:夏休み親子で震災ボランティア体験in宮城県山元町】小・中学生参加OK!

最終更新日時:2016年4月25日 13:25/投稿作成日時:2016年4月25日 13:25

地域:宮城県

カテゴリ:災害支援,農業

ワンポイントチェック

土・日のみの参加が可能,1日だけでOK

開催期間2016年7月22日~2016年7月23日
時間帯07:00~14:00
募集期間2016年4月25日~2016年7月21日
お申込み方法メール, インターネット
定員定員40名に達した場合
対象者
※小・中学生は、保護者同伴が必要です。高校生以上未成年は保護者の同意書が必要になります。 親子でなくても大歓迎です。
料金補足説明
※参加費に含まれるもの、往復交通費、昼食、入浴料、保険料(最低限です、ボランティア保険に入られる事を推奨します。社会福祉協議会で入れます。各自治体でお聞き下さい。)
場所宮城県山元町:被災農家斉藤さんの農地。
地図リンク
住所宮城県宮城県山元町
最寄り駅
場所補足説明被災農家斉藤さんの農地。
詳細リンク

担当者からのコメント

●熊本地震も大変ですが、私達は東北も忘れていません。東日本大震災から5年1ヶ月。ですが、まだまだ支援が必要な状況です。
東日本大震災避難生活者数 170,841人※仮設住宅、民間・公営住宅、避難所、知人宅等の合算 3/10現在。(復興庁調べ。)

災害にあわれた方々のためボランティアで被災地に集まった仲間達で、もっと多くの方々のお役に立とうと 、NPO法人 東京災害ボランティア グリーン・グリーンを立ち上げ、「顔の見える支援」「心の交流」をスローガンに、 ボランティアバスを運行しています。「子どもたちが参加できる、震災ボランティアバスを企画しよう!」と始めてから、 この7月で24回目の開催です。
今回は震災で家や農地すべてを無くされた被災農家の斉藤さんのところです。仮設住宅に住みながら、農地を借り生活再建に頑張っておられます。そこの農業支援、生活再建のお手伝いです。 被災地支援と堅く考えなくても畑での作業は、お子さんにとって、野菜がいかに手間暇使って作られているのか、食べ物の有りがたさや、土に触れる喜びなど、必ず子育ての役に立ちます。参加された親御さんから子供の食べ残しがなくなったと聞かされました、食育にも役立つのではないでしょうか。

被災地の光景を、復興の体験を、子どもたちに伝えるために、親子ボラバスにご参加ください。 親子でなくてもOKです。
趣旨にご賛同の上、ご参加宜しくお願いいたします。

●日時
ボランティアバスにて。
7月22日(金) 21:00四街道駅南口出発 JR 21:30西船橋駅南口NTT前22:00 JR錦糸町駅北口錦糸公園前経由で宮城県山元町へ(夜行)
7月23日(土)早朝中浜小学校視察、午後2時まで農家でボランティア活動。温浴施設で入浴後、帰路に21:00錦糸町・西船橋22:00四街道へ。(夜着)

プロフィール

名称
住所東京都 葛飾区
Tel03-6318-0011
E-mailnpogreengreen@yahoo.co.jp
担当者名木下史典

紹介メディア

紹介メディア

pagetop